トップニュース

人気ジンバル搭載カメラの後継モデル「DJI Pocket 2」登場、写真、動画も撮影機能向上| TechCrunch Japan


DJIオリジナルのOsmo Pocket発売後すぐに2年が経とうとしている。 率直に言ってマルヘイ小さなジンバルは、多くの同様の製品の中でも最も面白い製品の一つである。 私はアマチュアのスマートフォンの写真家であるが、この製品を使用した時間を楽しんでいたし、その後のモデルを体験することができ、非常に嬉しく思っている。

新製品は、名前が少しスリムに “Osmo」の文字がない簡単に「DJI Pocket 2」と命名した。前作と同様に組織のカメラで、あるいはスマートフォンアクセサリーの役割を大型ディスプレイを介してリアルタイムで撮影をプレビューすることができている。3軸ジンバル機構に搭載されたカメラは、毎秒60フレームの4K解像度の映像を録画することができる。また、HDR動画や8倍のハイブリッドズーム(光学4倍)も搭載された。また、4つのマイクシステムが追加され、より高品質の録音が可能になっている。

  • Pro Mode:ISOとシャッタースピード、露出、フォーカスモードなどの高度なカメラ設定を制御することができる。
  • ActiveTrack 3.0:被写体を選択して、自動的にフレームに入れることができる。
  • Slow Motion:1080p / x8解像度と最高速度でスローモーション撮影があります。
  • Timelapse、Hyperlapse、Motionlapse:3つの時間の経過に様々な効果で周りの世界を加速する。 Hyperlapseには、電子手ブレ補正(EIS)が自動的に統合されて滑らかに向上した。 ユーザーは、それぞれの画像を個別に保存したり、RAW形式で記録したり、ActiveTrack 3.0を利用することができる。
  • パノラマ:180°Panoは4枚の写真を撮影した場の風景を合成する。 3×3 Panoは9枚の写真を合成してワイド精細画像を合成する。
  • Livestreaming:Facebook、YouTube、RTMPに直接生放送が可能である。
  • Story Mode:プリセットされたカメラの動き、カラープロファイル、音楽を使用して、テンプレートを簡単に選択して、その瞬間を記録し、ソーシャルメディアですぐに共有することができる。

最新モデルは、ハードウェアのデザインが若干変更されて、リムーバブルベースプレートに追加マイク、充電ケース、無線ハウジングなど多数の新しいアクセサリーを装着することができる。 また、無線モジュールが搭載されており、ケーブルを使用しなくても、スマートフォンに接続することができる。

画像提供:DJI

DJI Pocket 2は、コントロールスティックと三脚マウントセットが349ドル(日本では4万9500円税込)に初代モデルの価格を維持している。 499ドル(日本では6万4900円税込)のCreator Combo広角レンズ、ウインドスクリーンとワイヤレスマイク、ミニ三脚が含まれ、いずれもDJIサイトで購入することができる。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:DJI

画像提供:DJI

[原文に]

(翻訳:塚本直樹)

READ  【速報】松山英樹は伸ばせず、通算8アンダーダスティン・ジョンソンがマスターズ初制覇に - ゴルフダイジェスト・オンライン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close