理科

人間が存在しない場合、「飛べない鳥」が、世界には今の4倍はあったが、研究の結果 – GIGAZINE


ジェイク・オズボーン

英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の生物学者が2020年12月に発表した研究を通じて、過去12万年の間に166種の「飛べない鳥」人類滅亡されたことがわかりました。 これに対して、現存する飛べない鳥はわずか60種しかないことから、研究者は、「人間が絶滅に追い込まれたしなければなら世界は飛べない鳥が今の4倍はあった」と指摘しています。

人為的絶滅鳥の飛べない幅広い進化を隠蔽する| 科学的な発展
https://advances.sciencemag.org/content/6/49/eabb6095

絶滅の危機に瀕している飛べない鳥| ヨーテボリ大学
https://www.gu.se/en/news/flightless-bird-species-at-risk-of-extinction

人間が主導する絶滅前に飛べない鳥が全世界的に、よりありふれ| UCLニュース-UCL – ロンドンユニバーシティカレッジ
https://www.ucl.ac.uk/news/2020/dec/flightless-birds-more-common-globally-human-driven-extinctions


人類の活動が鳥の進化に影響を調べるためにUCLとスウェーデンヨーテボリ大学の研究者は、共同で人類が浮上しているから現代まで絶滅したと言われている鳥を網羅的に調べました。その結果、今から12万6000年前後期更新世にから現在まで絶滅した鳥581種を識別しました。

そして研究チームが化石や記録で絶滅した鳥の生態を調査した結果、絶滅した581種の約3分の1に該当する166種の飛行能力がない、新しいだったことを知っていました。 この166種の現存する飛べない鳥60種を加えると、合計226種となるため、研究チームは「現存する世界の潮流の数を人為的に絶滅された581種を加えると、全体では5%増加したが飛べない鳥の数4倍に増加し」と指摘しています。

以下は、飛べない鳥の分布(上)と系統(下)を「12万6000年前〜紀元前1500年の間に絶滅した種(赤)」「西暦1500年以降に絶滅した種(黄色)」「現存種(青)」で色分けされた画像です。調査の結果、581種の鳥類が絶滅しただけでなく、85種類の様々な科に属する鳥が丸ごと消えていたことが明らかになりました。


研究の代表著者であるヨーテボリ大学のFerran Sayol氏によると、小さな島をはじめとする肉食動物がない環境で鳥空を飛ぶ能力を失っている場合が多いとのこと。 進化の過程での飛行能力を捨てる事で、鳥はそれまでに飛行するために費やしてエネルギーを別の日に配分することが可能になります。 しかし、これは同時に「人間と人間がもたらした猫やネズミのような外来種によって容易に絶滅させてしまう」という結果も続きました。

以下は、現存種(青)と絶滅種(オレンジ)の割合を全種(左)・大陸に生息するもの(中央)島に生息することで(右)に分け示しています。 上記の日鳥が絶滅の割合が3.7%なのに対し、下の飛べない鳥になんと73.5%が絶滅しているので、飛べない鳥がどのように絶滅させることが簡単に知ることができます。


Sayol氏は「今回の研究を通じて、鳥が飛べない新た進化することは、今まで考えていたより広く見られる現象であることがわかった。また、現在生きている飛べない鳥がペンギンダチョウ・クイナとその近縁種の12とだけだが、以前に少なくとも40とはありました。私たちは、これらの鳥を滅亡場合、私たちは飛べないフクロウとトキキツツキと大地を共有していたのですが、悲しいことに、すべて消えてしまっています」とコメントした。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
人間サイズの超巨大ペンギンの化石が、ニュージーランドで発掘 – GIGAZINE

人間の腸を引き出すパワーの所有者、オーストラリアの怪鳥 “ヒクイドリ」は – GIGAZINE

新しいのに飛べないその「ダチョウ」が日本最大の造形会場に乱入 – GIGAZINE

新しいのに飛ばずランニングでダチョウと水泳をしたペンギンの愉快な姿が残っていました – GIGAZINE

飛べない鳥キウイの切ない映画「Kiwi! ” – GIGAZINE

READ  34年の女性海兵隊が永遠の遺産を残す>アメリカ海兵隊の旗艦>ニュースディスプレイ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close