理科

人間の体が突然燃える「人体自然発火」の謎を科学的に検証する| ニコニコニュース

人体自然発火の謎/ iStock

外部熱源がないのに人体が勝手に発火燃えるようなのだろうか。 この謎の現象は、長い間議論されてきた謎の一つだ。

しかし、過去の300年間200件以上の報告された例があるのも事実である。 この問題は、「人体自然発火(SHC)」とされており、突然人体の中で発火して死をもたらす。

数百件にも及ぶレポートの記録は似たようなパターンで起こっていることを示している。

– あわせて読みたい –

人体自然発火再び。 イギリス男性「人体自然発火」と判定される。

奇々怪々。興味深い思いもよらぬ奇妙な22の死

まだ科学者が心配している10の謎

突然体が燃え上がる。実際に起こった10人体自然発火(SHC)現場ファイル


人体自然発火事例

被害者は、独居老人が多く、ほとんど自分の家で死んでいる。 しかし、不思議仕事に手や足先など体の端部に火ず残る場合が多い。

頭と上半身は本人と見分けがつかないほど黒くなってしまいますが、内装はまるでそのまま珍しいケースている。

被害者が死亡した部屋は、家具や壁の脂肪の残滓が残っていた以外、ほとんど燃えていない場合が多い。 また、指宿したような甘い香りが残っている場合もあるという。

人体自然発火の歴史

人体自然発火は、すでに中世の文献に登場十分古いものである。 聖書も、この現象を示している部分がいくつかあると信じている人もいる。

 164一年、デンマーク医師トーマスバルソリン(1616〜1680)が、奇妙な医学現象を集めた著書「話Anatomicarum rariorum“でポロアヌス・ボールティーウスの死について書いている。

ボールティーウスはイタリアの記事であるが、1470年イタリアのミラノの自宅で強いワインを飲んだ後、突然口から炎を吐い開始全身が炎に包まれたならない。 これ人体自然発火が見た最初の記録と考えられている。

4_e4

1673年フランスの作家ジョナスデュポンは、人体自然発火のケーススタディをまとめた「自発的な人体放火」を出版した。

 フランスので有名な事件は1725年に遡る。パリの宿主が演技臭いに目を覚ますと、妻ニコールミレーの体が燃えて灰になっていた。 しかし、彼女は眠っていたトンボわらは全く火がなかったという。

慢性アルコール中毒だったニコール体に残っていたのは、頭蓋骨、脊椎がいくつかの下腿骨だけだったする。 周囲にいた木の種類は全く乗らなかった。 結局、夫が殺人容疑で有罪判決を受けた。

 ニコール遺体が発見された場合、その旅館はクロード=ニコラスル博士は外科医この泊まっていた。彼の証言のおかげもあって、抗告審判判事ニコール死因は「人体自然発火」だった弁護を認めた。以来、ニコール死は「神の思し召しの結果」ということになった。

19世紀には、有名な英国作家、チャールズディケンズが「荒涼としたホール“で登場人物の一人を殺すために、人体自然発火を利用したため、この問題が世に知られるようになった。批評家はありえない現象を神正しいだしようとするように、ディケンズを批判したが、彼は当時記録されていた30の事例を示す現実の研究があることを指摘したという。

5_e2

チャールズディケンズの「荒涼館」の中の人体の自然発火のイラスト / 映像 by:public ドメイン

人体自然発火の主な共通点

 1938年英国メディカールナルで人体自然発火の話題が取り上げられたとき、フェリーこの記事では1823年に出版された「法廷」の本を引用した。 これによると、人体自然発火には、いくつかの一般的な特徴があるという。

・被害者は慢性アルコール中毒
・被害者は、高齢者の女性が多い。
・体の自然発火しているが、火がついたものに接触したケースもあった。
・手や足先は燃えずに残っている。
・体に触れていた燃えやすいものはほとんどダメージがない。
・体が点火された後は、地方の一種や強い臭いが灰に残っていて近くに不快な空気が漂う。

 アルコール中毒この人体自然発火に大きく関与しているように見える。

ビクトリア朝時代には、アルコール中毒このSHCの原因の一部だと思う医師と作家たちもいました。

天然人体炎

iStock

科学的に有力な仮説:キャンドルの効果

 アルコール中毒他にも、人体自然発火の原因には、いくつかの説がある。乗りやすい体脂肪多くのアセトン、静電気、メタンガス、アルコールテリアストレス、さらに神の介入など。

科学的に最も支持されている説は、キャンドルの効果である。 被害者の体がろうそくのような状態燃えこと。

キャンドルは、中央の芯が燃えやすい脂肪酸のローに覆われている。 芯に火がつけば、油ローを燃料に消え。

この場合には、人間の体脂肪この可燃性物質、すなわち、ロウで犠牲者の服と髪が芯に相当する。 例えば、タバコ火が衣服に付着した場合、皮膚の表面が乗って皮下脂肪が露出される。

暑さに脂肪が溶けて服に吸収されるとロウのような役割をして芯に火が続く。 燃料となるのが、そこにある限り火消え。

この理論を支持する人は、被害者の体が燃えているのに、周囲のものがほとんど乗らない理由についての説明もされると述べている。

6_e1

キャンドル効果理論の3段階 映像 で:arzbmad16 / Slideshare

その他の科学的仮説

生物学教授ブライアン・ジェイ・フォード人体自然発火の原因は、多くのアセトンがないだろうか。

人はどのような病気にかかると、体内で自然にアセトンが増えることがあります。 アセトンは非常に燃えやすい物質である。 アセトンに浸した豚肉に火をつけてみると、焼夷弾のように爆発的に燃えている。

他の多くの病気だけでなく、アルコール中毒このアセトンの生成を誘発した可能性がある。健康状態が悪い人の体内で多くのアセトンが作成され、それが脂肪組織に蓄積して、静電気やタバコ等により発火する可能性がある

考慮しなければならないのは、人体の自然発火のほとんどは、室内で一人でいるときは、近くにいくつかの熱源があるとき起こっているという事実である。

町中の通りのど真ん中で、この問題が発生した事例はほとんど知られていない。また、これは人間だけ見られる現象で、動物に起こったケースではない。

キャンドルの効果は、燃えている間、被害者が身悶え経験していない理由の説明がされていないようだ。 また。 周囲の家具などが炎の影響を受けない理由も十分に説明できていない。

人体を完全に灰には摂氏1600番高温が必要であるとする。 化粧するだけの場合は、980℃程度でいいようだ。

人体自然発火の謎

iStock

現代の人間の自然発火事例

人体自然バルファウン昔話ではなく、今日も起きている。2010年アイランドの例である。

76歳マイケル・化ハーティの焼死体が発見されたのは、彼のアパート部屋で暖炉に頭を向けて倒れていた。 例のように、床や天井、その他の室内のどこでも火がなかった。 検死官は、話ハーティの死因は、人体の自然発火と断定した。

 2017年70歳の男性がロンドン距離の真ん中で突然炎に包まれた。 消防署の調査では、促進剤類の痕跡は何も見つけることができなかったという。 説明が付かず、この男の死は不明で扱われた。 また、人体自然発火の一例だろうか?

人体は、この地球上の様々な生物で、人間をユニークマラ存在している特徴を多く持っている私たち自身もまだよく知らない人間の側面があるだけに信じている。 そのような特徴の一つは、まだ謎だらけの人体自然発火現象かもしれない。

Refeルネこれら:自発的な人間燃焼:燃える謎| 古代の起源/書き込みできたazuku / 編集である編集者 …を介して
追記(2020/11/03)本文を修正して、それを再します。

READ  暗黒物質と暗黒エネルギーの謎に迫る32億画素のデジタルカメラ| sorae宇宙のポータルサイト

全体カラパイアで表示:
http://karapaia.com/archives/52296117.html

 

こちらもオススメ!

– 科学技術の記事 –

電脳化:人間の脳をコンピュータに接続するための新しい方法頭蓋骨に穴の代わりに、血管を介してさせる

犬ロボット「スポット」がチェルノブイリ運用テスト開始放射線量が高い立ち入り禁止区域を調査

空が作るダイヤモンド。 大気中の二酸化炭素と雨水を利用してダイヤモンドを製造する技術を開発(英国)

空飛ぶ車がついに実現近い。ヨーロッパでの道路を走る馬落ちる

両者と相対性理論をまとめて「シュレーディンガーの時計」を作り出す方法(米・英共同研究)

特別な現象・精神の記事 –

なぜ人々は幽霊を見るかな7つの要因

白骨死体でナチスの秘密まで水にロックされていた神秘的な12のあれこれ

ゾクとする怪談「未来から来た電話」

怪奇。 バスの下でニュル成長を続け、白い手、その正体はしばらくして! (台湾)

ハロウィーン商品として販売されている「ウィーザーボード “に不思議の研究者が警告悪魔が召還される恐れがある(英国)

人間の体が突然燃える「人体自然発火」の謎を科学的に検証する

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close