人間はわずか6年で新しい歯が成長する可能性があります

1 min read
  • 骨は壊れたら自分で遊ぶことができますが、歯はそれほど幸運ではありません。 これにより、世界中の何百万人もの人々が一種の無歯症、すなわち歯のない状態に苦しんでいます。
  • 今、日本の研究者は、有望な歯科再生薬を人間のターゲットとして実験しています。 最初の患者は今年9月にこの薬を静脈内注射で投与されます。
  • 実験が成功すれば、研究者は2030年頃にあらゆる形態の歯のない症状にこの薬を使用できることを望んでいます。

平均的な成人人体には206個の骨が含まれています。 骨はカルシウム、ミネラル、コラーゲンの固い混合物で私たちの一日を生きるために生物学的足場を提供します。 私たちは骨についてあまり考えていないかもしれませんが、骨は信じられないほど弾力的です。 しかし、壊れたら、自分で再び成長する素晴らしい方法があります。

しかし、歯は 骨ではない。 それらは同じ材料で作られており、人体で最も硬い材料ですが(エナメル保護層のおかげで)、自分で癒し、再生する重要な能力が欠けています。 しかし、そうではないかもしれません いつも そうだろう。 日本の研究者 これから進んでいる 人間の歯を再生させることができる実験薬を開発し、人間を対象とした実験は9月に始まる予定です。



大阪北野病院医学研究所の歯科課長高橋勝は「私たちは、歯の喪失や欠損に苦しむ人々を助けるために何かをしたい」と述べました。 毎日。 「現在まで永久的な治療法はありませんが、歯の成長に対する人々の期待が高いと思います。」

この開発は、フェレットとマウスの歯の成長を抑制することが判明した子宮感作関連遺伝子-1(USAG-1)という抗体の長年の研究によるものです。 2021年、将来の人間実験に参加する京都大学の科学者たちは、USAG-1と骨形態形成タンパク質として知られる分子との間の相互作用を妨げるモノクローナル抗体(がんと戦うために一般的に使用される技術)を発見しました。 BMP。

「私たちは、USAG-1を抑制すると歯の成長に役立つことを知っていました。 私たちが知らなかったのは、それが十分かどうかでした。」 当時マスコミ声明でこう言った。。 「ペレットは人間に似た歯のパターンを持つ双極動物です」。



今、科学者たちはどれだけ似ているかを知るでしょう。 なぜなら、人間はすぐに今年9月に同様の実験を受けることになるからです。 11ヶ月間行われたこの研究は、30歳から64歳の間の男性30人に焦点を当てます。 これらはそれぞれ少なくとも1つの歯が落ちた。 この薬は効果と安全性を実証するために静脈注射で投与される予定であり、幸いにも以前の動物研究で副作用は報告されていない。

すべてが順調に進めば、北野病院は2030年までに歯の再生医薬品を発売することを最終目標として2~7歳の間の少なくとも4つの歯の喪失患者に治療を行う予定だ。 先天性歯欠乏症の患者に焦点を当てた高橋は、歯を失ったすべての人が治療を受けることを願っています。

Darrenはポートランドに住んでおり、猫を育てており、サイエンスフィクションと世界がどのように戻るかについて書くか編集しています。 一生懸命探して、GizmodoとPasteで彼の以前の作品を見つけることができます。

READ  NASAがクリスマスイブに望遠鏡発射を確認
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours