スポーツ

今年の夏、東京オリンピックに対する日本の支持の増加:世論調査

日本人の約3分の1が、先月14%で五輪開催を拒否したことを示したが、そのほとんどはまだ感染症が原因でキャンセルまたは延期を好むが、月曜日に新しい世論調査が出ました。

今回の世論調査は、東京、2020に対する反対が7月23日の開会式直前一ヶ月が少し以上小幅緩和されていることを示唆している他の最近の調査を強化します。

月曜日に発表された朝日新聞の世論調査によると、ウイルスに延期されたオリンピック開催への支持は34%に増加しました。

しかし、32%はまだゲームが完全にキャンセルされることを望んでいる30%は、ゲームが再び延期されることを望んでいる。 これは先月の調査では、それぞれ43%と40%で減少した。

主催者側は、再びオリンピックの演技を排除し、初の五輪選手たちは、すでに日本に到着しました。

朝日の調査は、6月19日と20日に実施され、家と携帯電話で連絡した人からの1,469人の応答を受けました。

回答者にゲームをキャンセルしたり、延期オプションなしで開催することができる選択を提供した最近のいくつかの調査でイベントを廃棄するよりも、開催することが、より多いという事実を発見した。

感情の変化は、主催者に朗報となるでしょう。 主催者側は、月曜日遅く、現地のファンがある場合は、オリンピックのためにどのように多くのファンがいるか発表する予定です。

日曜日に東京でコロナウイルス緊急事態が終了した後、新しい制限のために、大規模なイベントの聴衆は5000人、または収容人数の50%の中で最も小さいものに制限されます。

この規則は、7月11日までに施行される予定であり、その後の制限は、10,000人、または50%収容人数に拡大されます。

現地メディアの報道によると、オリンピック主催者側は、1万人の観客の上限を定めるものであるが、開会式の観衆は、高官とスポンサーを含む2万人に増えることができるとします。

日本は過酷な封鎖を避けるたにもかかわらず、約14,500人が死亡した比較的小さなウイルスの発生を目撃した。

しかし、ワクチン発売はゆっくり始まり、ここ数週間で速度が速くなりました。 人口の約6.5%が、現在は完全に予防接種を受けています。

kh / sah / qan

READ  大阪ナオミ格闘制圧第二全米女王に将軍/詳細 - スポーツライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close