エンターテインメント

今後のサンダンス映画祭でオアフ映画製作者の映画

HONOLULU(KHON2) – サンダンス映画祭で彼の映画を上映することがすべての映画製作者の夢です。 オアフ出身でハワイ大学マノア卒業 クリストファーヨギ 彼の家は、国際的な観客のためによく表現されるようにしながら、彼の夢が実現されているのを見ています。

[Hawaii’s Breaking News–Download the FREE KHON2 app for iOS or Android]

「私はただの男だった」は、オアフ島の田舎に住んでいる日本人男性が彼の最後の日が近づいてきて、彼の人生を振り返る長編映画である。

監督であり脚本家であるヨギは、10年前に開発された映画のアイデアをKHON2に話し、彼の祖父からインスピレーションを受けた。

この映画は、米国ドラマの競争で競合する10人のうち一つである。

「ハワイが私に意味するところの率直な話を常に表現しようと努力していると思います。」とYogiは言いました。

「生きていて、ディテールで、非常に実感できて、実際のように感じられるようにキャプチャすること」とYogiは言いました。 “しかし、もう1つは死、死、許しという普遍的なテーマを扱うということです。」

幸いなことに、ほとんどの撮影は、伝染病、以前に撮影されたが、ウイルスの発生は、映画制作のプロセスの一部を妨害しました。

「色補正は理想的ではないが、私たちがしなければなら一人i-Padsを使用してリモートで実行されています」とYogiは言います。

「私たちは、リモートでのサウンドミキシングをし、いくつかのは、リモートでの会話を録音したが、理想的ではなかった。」とYogiは言いました。 「数週間かかっべきであった、その過程は、4〜5ヶ月かかりました。 “

この祭りは、一般的にユタ州ソルトレイクシティで開かれますが、事実上2021年に行われる予定です。
それは全世界が見ていることを意味します。

“はい、私は特にTV、ネットワークTVや休日の映画の中で家庭の描写が非常にリアルではないと感じる方法を非常によく知っています。 ハワイの個人的な正直な探索」とYogiは言う。

彼は映画が省察を許可することを希望します。 人気映画「クレイジーリッチアジアンス」に出演した俳優コンスタンスウド出演する。

次の週の金曜日の1月29日午前10時、「私は単なる男だった」の試写会を必ず確認してください。 1月31日にも一日中再生されます。

チケットを購入するには、 こちらをクリックしてください

READ  日本までの外国人の観衆のオリンピック決定、IOCのCoatesは言う

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close