スポーツ

今後の大規模スポーツイベントの透明性を確保するために設立された機構

読売新聞ファイル写真
文部科学省

長岡景子文部科学賞は、2020年東京オリンピック・パラリンピック背後の不正スキャンダルに対応して研究会機構を新設したと火曜日閣僚会議の後、記者会見で発表した。

日本スポーツ庁(Japan Sports Agency)と日本オリンピック委員会(JOC)が設立した提案機構は、大規模なスポーツイベント組織の透明性を高める方法を検討します。 委員会は金曜日初の会議を開き、来年2月までにガイドラインを設ける予定だ。

会議では、清算法人となった東京組織委員会の全関係者と共に組織構造と人事制度に対する聴聞会が開かれる予定だ。

委員会は役員選抜過程と後援契約も検討する予定だ。 次に、国際スポーツイベントを中心に詐欺を根絶するためのガバナンスの原則と情報開示の基準について説明します。

長岡広報担当者は「中立的な立場で専門家たちにシステム分析、不十分な部分と改善する部分を明確にし、今後不正腐敗再発防止のためのガイドラインの用意をお願いする」と話した。

スタディミーティング参加者は、スポーツ庁、JOC、日本スポーツ協会、日本障害者スポーツ協会及び日本スポーツ委員会の上級関係者と弁護士3人、公認会計士2人で構成されます。

また2030年冬季オリンピック・パラリンピック誘致を控えた札幌市と2025年世界陸上選手権大会を誘致する東京都がオブザーバー資格で会議に参加する。

READ  [ODDS and EVENS] 日本シリーズでOrix Buffaloesのチャーターを覆した2つのゲーム

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close