今日の株式市場:中東の緊張が高まり、アジア市場が下落し、日本の日経指数が3.5%下落しました。 全国ニュース

Estimated read time 1 min read

香港(AP) – 日本の日経指数が半導体関連株やその他市場強勢企業の大規模売り上げにより3.5%下落するなど、金曜日のアジア株式市場は暴落しました。

中東の緊張が地域全体の感情を押し下げており、アメリカの贈り物は急激に下落しました。

国営IRNA通信社がイランが防空砲台を発射したと報道すると、原油価格は約3ドル急騰しました。 早い金曜日 イスファハン付近で爆発が起きたという報告が出た翌朝。

日本日経225指数は3.51%下落した36,742.05を記録しました。

半導体機器のサプライヤであるLasertecは、午前取引で9.7%下落し、最大の損失を被った。 しかし、ほとんどの他の大手技術関連株も下落した。 Renesasは7.3%、東京エレクトロンは7.8%、Sony Group Corp.は3.3%下落しました。

トヨタ自動車は3.7%下落した。

3月、日本のヘッドラインインフレ率は2.7%に鈍化し、新鮮食品とエネルギーコストを除いた根源核心指数は2.9%に緩和され、2022年11月以来初めて指数が3%以下に落ちた。

円は米ドルに比べてやや強みを見せ、ドルの価値は154.64円から153.80円に落ちた。

市場は基準金利を引き上げた日本中央銀行の次の歩みを待っています。 先月 17年ぶりに経済浮上のための長年のマイナス金利政策を終了しました。 しかし、その割合はまだゼロに近いです。

他の場所では、オーストラリアのS&P/ASX 200指数が1.7%下落した7,512.70を記録しました。 韓国コスピは2.9%下落した2,558.56を記録しました。 香港ハンセン指数は1.4%下落した16,161.24を記録し、上海総合指数は0.1%下落した3,071.76を記録した。

ウォールストリートで一晩中、S&P 500は1日の間にわずかな上昇と下落を行き来し、0.2%下落した5,011.12を記録しました。 下落幅はわずかでしたが、依然として指数は5連敗を記録するのに十分でした。 これは10月以来最も長い連続下落傾向であり、先月末に記録した記録より4.6%低い水準だ。

ダウジョーンズ産業平均指数は0.1%上がった37,775.38に、ナスダック総合指数は0.5%下落した15,601.50に締め切りました。

Equifaxは、アナリストが予想したものよりも最近の四半期に売上が不振であることを報告した後、市場の損失が大きいため、8.5%下落しました。 金利が高いため、住宅ローン信用照会事業が圧迫されています。

S&P 500でさらに下落した唯一の株式はLas Vegas Sandsで、予想より良い結果を報告したにもかかわらず8.7%下落しました。 アナリストらは、投資家が世界最大のギャンブル天国の一つである中国南部地域のマカオでカジノやリゾート会社が直面している競争を心配していると述べた。

これらの損失を相殺するのを助けたのはElevance Healthで、年間収益予測を上方修正して3.2%上昇しました。 自動車および産業交換部品販売代理店がアナリストが予想した以上の強い収益を報告した後、純正部品は11.2%上昇し、S&P 500で最大の上昇幅を記録しました。 また、年間予想利益範囲も上方修正しました。

最近、債券市場の利回りが高まり、株式市場が困難になっている。 投資家たちが今年の連中が金利を多く引き下げるという希望をほとんど放棄したので、彼らは圧力を加重している。

木曜日、米国経済が予想以上に強調されているという追加報告書が出た後、収益率はわずかに上昇した。

ある報告によると、労働者の数が減少した。 失業手当を申請しました 先週の経済学者の予想よりも、これは高い金利にもかかわらず雇用市場が依然として堅調だという最近の兆候だ。

木曜日に発表された別の報告書によると、経済学者たちが萎縮を予想した中、大西洋中部地域の製造業の成長が急激に加速されたという。

3番目の報告書はこう述べています。 以前居住していた米国住宅の販売 先月、経済学者が予想したほど大きく下落していない。

今年のインフレが予想以上に熱いという一連の報告書と同様のデータがあるため、連邦高官は最近金利を維持できると述べた。 しばらく高かった

これは、連邦政府が今年3回の金利引き下げが可能になる可能性があることを示唆して以来、残念です。 しかし、連盟の関係者は、2001年以来最高レベルから下げる前に、インフレーションが目標の2%に向かっていることを確認したいという確固たる立場を明らかにしました。

石油取引では、米国のベンチマーク原油は、ニューヨーク商業取引所(New York Mercantile Exchange)の電子取引で、バレル当たり2.77ドル上昇した85.50ドルを記録しました。 国際標準のブレント油はバレル当たり3.40ドル上がった90.51ドルを記録した。

ユーロは$1.0644から$1.0623に落ちた。

著作権2024 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  日本、ドイツ、最初の合同地上軍訓練交渉
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours