今日本がAUKUSに加わる時です。

Estimated read time 1 min read

レポート イギリス政府のインド太平洋政策について、下院外交委員会は、英国がオーストラリアと米国に韓国と一緒にAUKUS技術防衛協力協定に参加するよう提案するよう求めた。 ストランドBまたは柱2の活動。

AUKUSピラー2 協力を指定 自律海底システム、量子技術、人工知能、先進サイバー、極超音速武器、電子戦、イノベーション、情報共有など8分野の高度な能力を保有しています。 このような取り組みは、日本を含む米国のインド太平洋同盟国の統合抑制能力を強化するために非常に重要です。

日本はすでに米国、英国、オーストラリアと共同研究開発のための国防協力協定を結んでいるため、AUKUS-日本協力の基盤があります。 しかし、これらのフレームワークでの協力はプロジェクトベースで行われ、優先順位機能のリストではなく基本技術に焦点を当てています。 例えば、米国との共同研究の多くは、次世代水陸両用技術、モジュラーハイブリッド-電気自動車システムなど、機器に直接関連する技術である。 このような背景に基づいて、日本はAUKUS Pillar 2に参加することでかなりの利益を得ることができました。

日本政府は2022年の国防戦略で先端技術を国防に活用すると明らかにした。 とても重要になりました。 先端技術力量を保有した日本は同盟国と協力して力量を総動員して長期的技術リーダーシップ競争を準備しなければならない。 AUKUSのPillar 2で取り上げているコア技術と新技術の利点は、軍事的利点に直接移行するため、これらの技術にアプローチすると、インドの太平洋の潜在的な敵を抑制するのに役立ちます。

日本の経済力の弱化により、未来の科学技術投資も減少すると見られる。 日本は同盟国やパートナーと緊密に協力することで、重要で新しい技術をより効率的に確保できます。 拡大されたAUKUS Pillar 2契約による協力により、参加者は互いの能力のギャップを補完し、規模の経済を活用できます。

最も重要なのは、日本防衛産業の国際化を促進するという点だ。 長い間日本防衛産業の唯一の顧客は防衛省と自衛隊だけだった。 しかし、彼ら 大きな変化を経験している防散装備移転制限の緩和や輸出促進なども含まれた。 日本の防産業とAUKUS会員会社間のユダヤ強化は、日本の防産業の競争力を向上させる良い機会だ。 日本では、重要技術と新技術への投資が民間使用を中心に行われています。 2020年には国内メーカーから防散関連調達が行われた。 1%未満 日本の総産業生産額のうち

日本の防衛産業はさらに国際化されなければなりません。 共同研究と開発には時間がかかりますが、拡張されたAUKUSグループは、日本の防衛メーカーがAUKUSパートナーからマーケティングとセールスノウハウを獲得する機会を作ることができます。

しかし、AUKUSに加入する前に、日本はいくつかの課題を克服しなければなりません。

最も重要な問題は、適切なセキュリティ通関システムが不足していることです。 それだけ 特に指定した秘密の保護に関する法律日本の唯一の情報セキュリティ法は、国家機密に分類できる情報の範囲を外交、国防、スパイ防止、テロ防止など4つの分野に制限している。 これは、経済・技術分野の情報を扱わず、こうした分野のセキュリティ許可システムがなければ、日本メーカーは共同開発において機密情報にアクセスするのに苦労する。 日本はAUKUSに加入する前にセキュリティ許可システムを開発する必要があります。

また、日本は米国、イギリスなどの主要な武器輸出国になるために努力しており、潜在的な利害の衝突に対する懸念もあります。 AUKUS Pillar 1は日本を思わせる。 販売のための努力 従来の方法で駆動される 潜水艦 しかし、インド太平洋の重要な全域で効果的な抑制能力を確保するのにかかる時間を考えると、今は商業的衝突を起こす時ではありません。 日本は拡張AUKUSフレームワーク内で分業を受け入れなければなりません。

AUKUSの軍事的性質を考慮すると、日本がAUKUSに加わることは、AUKUSが米国が推進する「統合抑制」ネットワークの一部であることを中国に知らせることです。 中国、日本、韓国が協力していることを考えると 会話に活力を吹き込む 韓・中・日首脳会談を通じて東京の政策立案者たちは時期が不適切だと感じることもできる。

しかし、東アジアの安全保障環境はこれまで以上に深刻であり、技術の実装には数年かかります。 特に、将来の勝利を定義する重要で新しい技術の場合はさらにそうです。 米国も次のような立場を表明した。 肯定的な態度 AUKUS Pillar 2 メンバーシップ拡張のため。 日本はこのような技術を活用して防衛産業基盤を強化する努力を遅らせることができない。 今は日本のAUKUS参加議論を加速する時だ。

READ  月の裏に衝突する宇宙ごみ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours