エンターテインメント

今日発売されたPS4版「Maneater」のプレイレポートを掲載。 サメが人も魚も食べまくりオープンワールドRPG

Tripwire Interactiveが開発を担当RPG「マニーから」日本語パッケージ版が2020年12月17日に発売された。プラットフォームプレイステーション4プレイステーション5そして、価格は5480円(税別)ある。このほか、Xbox OneXboxシリーズX発売後からスイッチ版2021年にリリース予定である。

本作は、広大な海を舞台にサメと人間との戦いを描くオープンワールド型のアクションRPGある。 プレイヤーは、母を殺された子供ザメされ、その復讐のために強くなることを意味突然変異によって不思議な能力を手に入れていく。 海の捕食者として大成するために、様々な試練をくぐっていくだろう。
また、PC版は、消費者に先んじて、5月に発売が行われており、その独特の設定が話題になったのは記憶に新しい。 今回は包装されて手に持って容易になったPlayStation 4版をベースに、この唯一無二の「社結ば」プレイレポートをお届けしたい。 しかし、本作には、サメが魚を餌描写とそれに伴う流血と欠損表現が含まれる。 TVでドキュメンタリー程度であるが、弱い方は注意してください。

ちなみにPC版にあった「味のある誤訳」は(が、今回確認した限り)PS4版では正確な翻訳に加えられたようだった。バカが好きとしてはちょっと寂しいもあるが、製作者の意図が正しく伝達細心の局在と言えるだろう
画像集#026のサムネイル/今日発売されたPS4版

改善されたローカライズの一例が、有名なハンターに登場するボビー見ジャングルス。 PC版では、「ボビーダム行動」と表示されていたが、PS4版では正しく名前が表示されている
画像集#002サムネイル/今日発売されたPS4版

サメになり、食べ食べて。弱肉強食の戒めを体感

本作の主人公は、母をサメハンタースケール是非・ピットに殺された子供ザメある。 物語は、生まれる前に母体から強引に連れて行かれという衝撃的な事件で始めたが、主人公はようやく生き残った足の復讐を誓いことになる。
ゲームは主人公が「赤ちゃん」状態からスタートして、クエストをクリアして「子供」「大人」には、“長老”に成長していく。 成長に合わせて行動することができる範囲も広がりますので、当分の間は、クエストをクリアしていくことが目的である。 クエストをこなすの周りに魚を食べて経験値を稼いレベルを上げてはならない。要するに「食べる食べる食べるまくり」ことが重要である。

サメハンター」スケ是非・ピット “母ザメを殺した宿敵である
画像集#003サムネイル/今日発売されたPS4版

それでは、どのように食べるかというと、ターゲットの目の前でR2を押して噛みけばいい。 成功すると、敵のHPを減らすことができ、ゼロして再[R2]を押すと、餌完了する。 敵食べるとHPが回復して経験値が入って後述する「進化」のアップグレードに必要な素材も手に入れることができる。 攻撃と略奪のようなボタンの周囲手も足もないサメのような仕様することができる。 ボタン一押しが止まるのは、「その」鋭いサメの歯である。 皮が硬い亀も一方的にオフフィードしてボートのような人工物でもダメージを与える。 サメすごい。

敵に噛みついて攻撃する。 自分の身体が敵よりも大きい場合、かまないで状態になることがあります。[R]スティックを回転させて、「振り回し」連続ダメージを与えて走者
画像集#005サムネイル/今日発売されたPS4版

だから頭をよぎるは食物連鎖の難しさである。 弱い少ない餌に過ぎない。 それは主人公も例外ではなく、強い敵になると食い込んでしまう。 ナマズやスズキなどのおとなしい魚なら何の抵抗なしに食べるしまう、それは “戦い”というより “回復アイテムを拾う」程度の意味しかない。 「これが食物連鎖の手術室のか……」と、一種のガチャ感じさえ感じてしまう。 いずれにせよ、気まぐれに押しボタンひとつで食べてしまうのだから。

画像集#006サムネイル/今日発売されたPS4版

一方、野生敵と戦うとき命をかけてしなければならない。 ワニ、バラクーダ、そしてライバルサメなどの相手はここを容赦なく攻撃してきて、なって食べたら、ゲームオーバーです。 セーブしたところから再開することができるとはいえ、ゾックスとする体験だ。
[L1]を押して、尾でたたいたり、[R1]で攻撃を回避するなど、とにかく死なないように立ち回る。 本当に勝つことができないと悟った後全速力で逃げてしまおう。 本作では、レベルが力の尺度となっており、その差が大きいとお手上げない。 同等かそれ以下の相手を探してレベルアップに励むのは食物連鎖そのものである。

敵には固有の名前が付いた「捕食者」がある。 人は非常に手ごわく戦いになると命である。戦闘中に相手のフィンと尾が破れたり、痛み
画像集#007サムネイル/今日発売されたPS4版
画像集#008サムネイル/今日発売されたPS4版

なる食い込んゲームオーバー。勝てば強敵も肉になっておいしく
画像集#009サムネイル/今日発売されたPS4版
画像集#010サムネイル/今日発売されたPS4版

敵の中でも特に注意しなければならこと人間ある。 人間は、観光客とハンターの2種類があり、観光客は無防備だが、ハンターはここを狩りに来る​​。 サメはどのくらいの時間であれば、水で出ても大丈夫なので、無抵抗の観光客は、魚より理知的な捕食対象である。 相手は、ビーチから遠くないと、自分の土地に上がってパクリしてしまう。 サメがのビーチのビーチと暴れながら、人間に食いつく様は、まさにホラー映画に見える。

客は無防備な存在である。まるで映画のサメになった気分を味わうことができる
画像集#011サムネイル/今日発売されたPS4版

陸に上がって、人間を食べるのも
画像集#012サムネイル/今日発売されたPS4版

しかし、調子に乗って観光客を食べ当てている場合「脅威ゲージ」が上昇した。 これ政治を超えると武装したハンター会社が投入された、ここを追ってくる。 人が乗っている船は、サメといっても、簡単に破壊することができない。 また、総も使ってくるので油断しているあっという間に蜂の巣になってしまう。 ハンターの数が増加すると、四方から銃で標的にされるので、より一層そうだ。
しかし接近戦と、そこにはサメの独壇場である。 お腹を壊して水の中に引きずりすぐ[×]ジャンプで船に飛び込んで噛みつく有しており勝手だ。 必死に避けながら、隙間を埋める一人一人捕まえていく戦いは厳しいが面白い。 戦いが続けば、海はサメと人間の血で真っ赤に染まっていきます」ジョーズ」に代表されるサメの映画さながらの場面が展開される。
しかし、ハンターの会社は、魚とは異なり、続々と増員を投入してくるので、戦闘を延長することは良い考えではない。 人間を食べるとHPが回復するが、ある程度のところ身を隠し脅威ゲージが下がるまでほとぼりを冷ますのが賢明である。このあたりは「グランド・セフト・オート」の「準備も」に似ているために、この作品をプレイした人ならすぐに感覚が得ることができるだろう。

人間の腕に特に恐ろしいのが銃である。 赤いレーザーサイトにターゲットになるとすぐに避けなければならない。船をいちいち破壊することも効率が悪いので、ジャンプで船に乗って食いついてくれればいい
画像集#013サムネイル/今日発売されたPS4版
画像集#014サムネイル/本日発売したPS4版

人間は恐ろしいが、気にしないことができない相手でもある。 人間を食べまくれた場合、 “悪名高いレベル」が上がって、有名なハンターが投入される。 人を殺すため引き続き母の敵に辿り着く唯一の手段である。
ちなみに、有名なハンターたちには、それぞれのバックグラウンドが名声を求めてハンターになった者、鼓腸で実力を見せてくれたい人、ボートレースの世界で身動きも変身した人と、他の人の形が描かれる。 そんな彼らにも一度食いつけた場合、瞬時ケリーがついてしまう。 弱肉強食のルールに相手の都合など何でも構いません。 ここでもまた、哀愁を感じることができる。

「悪名レベル」が上がれば名前を上げようと、有名なハンターが登場してくる。それぞれの背景があっても戦いは非情である
画像集#015サムネイル/今日発売されたPS4版
画像集#016サムネイル/今日発売されたPS4版

誤訳で紹介したボビーもそんなハンター一人。普通の人間よりも体力がやや多いが、くわえてしまうがあります
画像集#017サムネイル/今日発売されたPS4版

コミカルなパワーアップとリアルなウンチク

このように、様々なクエストをクリアしていくと、最終的に成長することができる。 体が大きくて力も強くなり、今まで苦戦していたことも容易につかめるようになるのだ。 ここはまさにRPGなどのゲームを感じている。また、大規模なパワーアップを望む「進化」も用意されている。 進化といえば、継続的な変化に見えますが、本作では、いわゆる装備品やパッシブスキルのようなものを考えるといいだろう。進化「内蔵」「うつ伏せ」「あご」「体」「頭」「尾」に適用することができ、その効果も様々である。 中相手噛みつく時に電気が流れたり、毒を放出するなど、約サメとは思えない豪華なものも存在している。 以下は、いくつかの進化が待っているかどうかとプレイのモチベーションにもつながる要素となっている。

進化の一つである「バイオエレクトリックティース」噛みつく一定の確率で電流が流れる。最近サメはこの程度されて当然のことだ
画像集#018のサムネイル/今日発売されたPS4版
画像集#019のサムネイル/今日発売されたPS4版

進化は不合理な要素がありますが、海と魚のウンチクを備えているのも本作の楽しみポイントだ。 例えば、日本の食卓に並んだことが多くスズキが実際に野生の性質を持っているのは、筆者はこの作品で初めて知った。
本作は、サメの生態系と有名なハンターを報告するTV番組というシステムがとられており、様々な解説がナレーションに流れるだろうが、そこに風刺ユーモアが効いているところで、海外作品らしさが感じられる。特に印象的なのがマップ内にある「ランドマーク」を発見したときの自然破壊のメッセージである。 ランドマークマップに散らばっているスポットである点が、彼らは主に海底に捨てられたゴミや自動車などの廃棄物である。 教育的な内容であれば、声高に人間を追い出し、自然破壊を悲しむのが普通であるが、本作のナレーションは、ツイストが入っている。 むしろ不必要に駆使りと来る冷笑があるので、ぜひプレイして体験してもらいたい。 水中の描写力が入っており、汚れた海は本当に汚いので、より一層心が痛むこと間違いなしだ。

人間が捨てた廃棄物がランドマークとなっている。 上の画像は、地域マフィアが敵倒した跡。 以下は、海に投棄されたと思われるタイヤの人形である。すべての皮肉なメッセージ楽しみ
画像集#020サムネイル/今日発売されたPS4版
画像集#021サムネイル/今日発売されたPS4版

サメを主人公にした複数塀描きながら、食物連鎖や環境汚染などのリアルなテーマをどこかおふざけなコミックRPGにまとめた本作。 これらのキーワードに魅了されていることは明らか筆者と同じように個性派ゲームが好きな読者に違いない。 個人的には、サメが狂っているのはもちろんのこと、その中に隠れているメッセージに大きく魅せられたところがある。 サメに興味が抑えられない人はぜひプレイしてみてほしい。 必ず楽しむことができるだろう。

原発近くの自然は破壊されているが(左)、観光地の水は比較的きれいな(右)。人間の都合に自然が振り回さ
画像集#022サムネイル/今日発売されたPS4版 画像集#023サムネイル/今日発売されたPS4版

表示されるメッセージがいちいち面白い。 その情報を得たか
画像集#024サムネイル/今日発売されたPS4版

宿敵フィート(右)と彼の息子カイル(左)。 カイルは成長ピットと別の道を選択して、その親子関係はギクシャクしているようだ。このようなドラマも本作の観光スポットの一つである
画像集#025のサムネイル/今日発売されたPS4版

スクリーンショット

画像集#027サムネイル/今日発売されたPS4版 画像集#028サムネイル/今日発売されたPS4版
画像集#029サムネイル/今日発売されたPS4版 画像集#030サムネイル/今日発売されたPS4版
画像集#031サムネイル/今日発売されたPS4版 画像集#032のサムネイル/今日発売されたPS4版
画像集#033サムネイル/今日発売されたPS4版 画像集#034のサムネイル/今日発売されたPS4版

READ  「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」3周年インタビューもし「三国志14」とのコラボが準備中

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close