entertainment

今日誕生35周年! 「スーパーマリオブラザーズ」の歩みを振り返る – GAME Watch

時1985年9月13日。 今から35年前の今日、ファミコン版の元祖「スーパーマリオブラザーズ」が任天堂から発売された。

発売直後から爆発的な人気を得て、異常なまで加熱ファミコンブームの主役となった本作は、なんと632万枚という驚異的セールスを記録した。 「ドラゴンクエスト」や「FF」、「ファミスタ」シリーズ(※一部作品を除く)と「テトリス」などミリオンセールスを達成した多くのタイトルの中でも、その数はずば抜け。 海外でもヒットを記録し、現在までに全世界で4,000万枚以上売れ、「世界で一番売れてゲーム “としてギネスにも認定されている。 今マリオが真のワールドワイドのスーパースターであることは理論を挟む余地などないだろう。

そんな本作が35周年を控えている時点で、任天堂は「スーパーマリオブラザーズ35周年Direct」の映像をインターネット上で公開来年春まで新作ソフトの発売とコラボ企画の実施計画を発表した。公式サイトには、「スーパーマリオブラザーズ35周年「コーナーが追加され、Twitterの「スーパーマリオブラザーズ35周年」の公式アカウント(@ supermario35th)も開設。また18日には、「スーパーマリオ3Dコレクション」が11月13日には、「ゲーム&ウォッチスーパーマリオブラザーズ」の発売が予定されるなど、今も関連シリーズの新作リメイクが発売され、続けて、その勢いはまさにとどまるところを知らない。

したがって、この機会に「スーパーマリオ」シリーズの変遷を振り返りながら、本シリーズは、私たちにもたらしたことは何だったのか、そして将来の姿はどれかもう一度考えてみたい。

文字通りスーパー存在へと進化したマリオの衝撃

元祖「スーパーマリオブラザーズ」のタイトル画面。 今から35年前の「スーパー」がマリオの冒険はここから始まった

筆者が「スーパーマリオブラザーズ」の存在を初めて知ったのは、確かにプロ野球中継中流れたテレビCMだった。 当時は創刊されたばかりのライン誌「ファミリーコンピュータマガジン」の存在をまだ知らなかったので、ゲームのソースは、テレビCM、子供雑誌の記事や玩具店の店舗に限定されていたからである。

CM映像は、まさに衝撃の連続だった。 スーパーキノコを服用したマリオが今まで全く聞いたことがない、非常に奇妙なジングルベルが鳴ると同時に巨大化するシーンに突然驚かせた。 さらに、過去の「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」よりもはるかに速く動くことはないか!

見た目にも美しい山と海、空、地下などの変化に富んだ舞台が順番に映し出されると、感動はより深くなっ。 壮大な世界を舞台にマリオが敵踏んだり飛び込んまたは高速で走ってたり、水泳…まさに時代の最先端、そのように素晴らしい冒険を楽しむことができるゲームが登場したのかとわずか15秒で完全に魅了されてしまった。

本作が発売された数週間後、小学校の同級生が「スーパーマリオ」を購入したという情報を聞くやいなや、友人の家に早急に集中して遊ぶことくれた。 画面の美しさと楽しいBGMも非常に良かったが、特に筆者が感動したのは、一見すると何もないところからジャンプすると、空気中のブロックが出現して1UPキノコやコインが出現する隠し要素が含まれていた。 隠しまたは未知のアイテムとルートを見つけるには、獲得した喜びはこれほどまでに快感印加すること、本作を通して学んだことは、一生忘れられないだろう。

やがてとチップソーンの存在と最終地域ワールド8攻略法が友達の間や線専門誌攻略が徐々に明らかになり、最終的には、(ワールド8-4)をクリアしてエンディングまで到達する選手が、筆者の周りに多くの表示された(もちろん、筆者も、その人である)。 しかし、それでもすべて飽きずにしばらくの間、本作に夢中になっていた。

同期が落ちた大きな理由の一つは、線専門誌やマンガ・ホビー雑誌の裏技コーナーや攻略本で紹介された数多くの秘法の存在だった。 当時のマスコミは、その有名な「マリオ無限増殖技術」と「ポール跳び」をはじめ、「ちびファイアマリオ」や「マイナスワールドにワープ」などのバグも利用した裏技でも、「キーン○(伏字)マリオ」のようなものが大笑いまで毎号のように多くの材料が掲載されました。当時は、すべての新しい材料が登場するたびに、「自分もものや見てみよう」と上がっチャンレジたものだった。

ちなみ、徳間書店刊「スーパーマリオブラザーズ攻略本」は、120万部以上(※数字は前編集長山本直人氏の著書「超実録裏話ファミマルコ」からの引用)も買われ、1985年の年間ベストセラーにした。本作の人気がどれだけすごいか分かることができ、確実に驚くべき数字だ。

[슈퍼 마리오 브라더스]

初めて現物を見た筆者が衝撃を受けた場面がココ。 何もするんだ空間に隠されたブロックと1UPキノコが登場するのを目撃したときは、全身が震えるほど感動した

新作が出るたびに、さまざまな「遊び」を提供してくれるのがこのシリーズの真骨頂

なぜ「スーパーマリオ」シリーズは、今でも愛、そして続編と関連タイトルが発売されたずっと私達を魅了するのか? その答えは、一言で新作が登場するたびに、さまざまな「遊び」を体験させてくれるからだ。 次の歴代主だったタイトルの特徴を一通り振り返ってみよう。

シリーズ第2弾にあたる「スーパーマリオブラザーズ2」(1986年発売)は、前作を楽しんで知っているプレイヤーにというコンセプトの操作方法やルールは、以前と同じですが、難易度は比較にならないほどアップしたのが最大の特徴。 公衆の鮎を踏んだ反動を利用して、狭い足場に飛び移動したり、突然強風が吹いてマリオの体を押し流すなどスリル満点のシーンが満載。 乗って間違いになる毒キノコや以前クリアしたワールドに戻される「逆ワープゾーン」など、様々なトラップもあちこちに設置されていた。

開発スタッフが本作をも難しくする理由の配慮なのか、多くの難関を突破して8-4をクリアすると、報酬としてタイトル画面に★マークを表示マークを合計8個以上集める隠されたステージのワールドA〜Dが遊ぶ驚くべき補償があった。 また、ワープゾーンを使用せずに8-4をクリアすると、ワールド9進める装置も含まれていた。 また、マリオとルイージの性能を変えた(※ルイージマリオよりジャンプ力が高いが、スリップしやすい)することにより、それぞれ異なる攻略パターンを作成楽しむことができるようにした点も本作の特徴の一つであった。

[슈퍼 마리오 브라더스 2]

ゲーム開始時にマリオ、ルイージのいずれかを選択して、8-4をクリアした回数の★印がタイトル画面に表示されるようになっていた(※写真はNintendo Switch版)

シリーズ第3弾「スーパーマリオブラザーズ3」(1988年)では、マリオが尾またはアライグママリオに変身した後、パワーメータを満たした後、ジャンプボタンを連打すると、空を飛ぶ新しいアクションが登場。 他にも坂道を滑り落ちたり踏みつけた露骨皮を持ち上げキックいるなどの後のシリーズ作品でも継続された数多くのアクションが追加されて、私たちを楽しませた。 また、世界各マップ画面を表示し、プレイヤーが遊びたいと思うステージを選択するシステムを導入したのも本作だ。

[슈퍼 마리오 브라더스 3]

複数のルートを選択するかも、画面が初登場。 マリオが空高く飛び回れるのも確か気持ちよかった

そしてスーパー任天堂発売タイトルの一つで登場した「スーパーマリオワールド」(1990年発売)は、マリオの名前パートナー、ヨシが初登場。 ヨッシーという動物をこなし敵や障害物を避けたり、実と敵などを食べるには「遊び」の要素が新たに追加した。 他にも壁を垂直に跳び、金網などにつながって作業も可能である。 マントマリオに変身すると、前作のように空を飛ぶことができた。

[슈퍼 마리오 월드]

ヨッシーとのコンビでステージを攻略するのが楽しい “スーパーマリオワールド」(※写真はWiiバーチャルコンソール版)

また、ニンテンドー64のローンチタイトルである「スーパーマリオ64」(1996年)は、フィールドマップが2Dから3Dへの進化。 アナログスティックをグリグリ回す前後左右にマリオを自由に移動しながら敵を倒したり、ボタン操作と一緒に特殊効果を動かすなど、従来のシリーズにはなかった斬新な楽しさを提供しています。 お尻ドロップ三段跳び、カニ散歩やボディーアタックなどマリオのアクションもますます多様になった。

3Dマップと高低差を生かし観点に基づいてブラインドになる位置と隠された部屋に配置されたスターコインをカメラを動かしながら探す楽しみも本作ならではのもの。 このコインとメダル類を楽しむ方法は、後のシリーズ作品にも受け継がれている(※3DS版「スーパーマリオ3Dランド」のスターメダルなど)。 また、最近のシリーズ作品でもおなじみのチャールズマチネさんが演じるマリオの声が収録されてビジュアルサウンド面でマリオのキャラクターの絵が完成したという意味でも忘れられない作品です。

[슈퍼 마리오 64]

フィールドマップが3Dがマリオのアクションが大幅に増えたことも衝撃的だった(※写真はNintendo Switch版)

Wiiリモコン、ヌンチャクはWii自分の装置を利用して、新しい「遊び」を作ったのが「スーパーマリオギャラクシー」(2007年発売)である。 本作では、マリオ3D宇宙空間を華やかに私の姿を披露するビジュアル面だけでなく、宇宙に散らばっスターピースにWiiリモコンを回す​​と、自動的に吸引したり、Wiiリモコンを振ってスピン敵を攻撃したり、特殊効果を回すことも可能である。 空間に浮いた「スターキャプチャ “ポイントながらボタンを押すと、マリオが吸い込まれて遠隔地からの直接移動することができなど触覚的にも非常に楽しく作品だった。

[슈퍼 마리오 갤럭시]

宇宙を飛び回る映像も装置を振ったり回したり傾けたりマリオを移動操作感も斬新だった

ニンテンドーDS版「Newスーパーマリオブラザーズ」(2006年発売)は、フィールドマップは2Dだったが、巨大なキノコに乗って巨大なマリオに変身して、すべてのものを体当たりで破壊することができ爽快感は格別である。 DSの小さなモニターでも絶大な迫力とアクションを示した。 同様に「NewスーパーマリオブラザーズWii」(2009年発売)もマップは2Dだったが、こちらは最大4人で遊べる協力・対戦プレイや初心者救済のための機能で、ルイが登場攻略動画見ることができる「オープン戦」を導入したことも歴史に残る作品です。

「スーパーマリオメーカー」(Wii U / 3DS 2015年/ 2016年発売)では、プレイヤーがオリジナルの舞台を自作して遊んだり、作成されたステージをインターネットに公開して、世界中のプレイヤーと遊ぶことができるという、これも新しい “遊び”を実現。そして現行機種のNintendo Switch用ソフト「スーパーマリオオデッセイ」(2017年発売)では、帽子キャピがパートナーとして新登場。キャリーピウル投げ足場代わりにして遠くに飛んで移動したり、地図上の様々な特殊効果を動かしまたはカエルと恐竜などのキャラクターをキャプチャし、自由に操ることが楽しい作品です。

他にもまだシリーズの作品はたくさんありますが、上記しただけでも、本当に多くの “遊び”が生成されたことを知ることができる。 また、シリーズ35年の歴史全体を知りたい方は、任天堂の公式サイトにある「マリオヒストリー」ページをご覧になることをお勧めしたい。

[New 슈퍼 마리오 브라더스 Wii]

4人同時プレイが可能。 協力プレイ時誰か1人が得点すると、他のプレイヤーも一定時間後に電源が自動的に削除される

[슈퍼마리오메이커】

Wii U뿐만 아니라 3DS에 전개 된 「슈퍼 마리오 메이커 ” 「슈퍼 마리오」를 모르는 것 같은 젊은 세대에 2D 액션의 즐거움을 깨닫게 무대를 만드는 즐거움을 가르쳐 준 작품이다

[슈퍼 마리오 오디세이]

キャップキャリーピウル使用して敵を倒したり、能力をコピーすることができます。 足場やアイテム回収に利用できるのも楽しい

今後も、世界中のゲームファンの楽しい「遊び」と夢を続けてほしい

2016年に開催された2016年夏季オリンピックの閉会式で安倍晋三首相(当時)がマリオのコスプレをして会場に現れたのが象徴するように誘う「スーパーマリオ」の誕生から35年が過ぎた今もマリオはボーダー、時代を超越した英雄であり、強さとカッコよさの喜びの象徴として世界中で愛される存在である。

前述した「スーパーマリオブラザーズ35周年Direct」によると、10月には新作「マリオカートライブホームサーキット」が来年2月には、「スーパーマリオ3Dワールド+激怒ワールド」の発売が予定されて、さらにNintendo Switch Onlineは、10月35人が同時に対戦できるバトルロイヤルゲーム、その名も「SUPER MARIO BROS 35」を期間限定で配信されていること。このタイトルももちろん期待せずにはいられない。

[마리오 카트 라이브 홈 서킷]

[슈퍼 마리오 3D 월드 + 격노 월드]

【スーパーマリオブラザーズ。 35】

プラットフォームとネットワークインフラストラクチャなど、今後も社会環境はますます変わっていくだろうが、今後も「スーパーマリオ」シリーズは、私たちに新しい「遊び」と感動、驚きを私たちに提供し、時代の先駆者で走行存在し続けるであってほしい心から願っている。 また、すぐに発売される「スーパーマリオ3Dコレクション「とNintendo Switch Onlineなどを利用した復刻シリーズも定期的に発表することで、常に親子2代または3つのゲームを楽しむことができる場所を続行する準備していただきたい。世界中のゲームファンに本シリーズは、「遊び」の伝道師的な存在であり、かけがえのない宝物だ。

今後も「遊び」の伝道師として、私たちに楽しい時間を提供するために、継続を強く望む。 「スーパーマリオブラザーズ」フォーエバー!

READ  浜崎あゆみ、初のオンライン「a-nation」で堂々と主人公「絶望部作 "の連続フル歌にファン感激| ORICON NEWS

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close