経済

今認める:日本は300,000人の留学生を取り戻すことを目指しています。

東京 – 日本教育省は、2027年までに国境を越えた研究をファンデミック以前のレベルに復活させるために、より多くの留学生を誘致し、より多くの日本人を海外に送るための努力を強化します。

ファンデミックの後に行われた旅行禁止措置は、これらの学生交通に深刻な打撃を与え、海外人材誘致に熱心な企業部門を驚愕させました。

日本留学生数は2019年31万人から2021年24万2000人に減った。 日本留学生の海外留学は、2019年に約10万7000人から2020年に1400人にさらに落ちた。

政府は、入学学生数を増やすために対象分野の募集を強化し、科学・工学分野の著名な分野で学生を増やす予定です。 日本は、新たな人材を発掘するために政府が後援する奨学金の以前の受取人に助けを求める。

他の方向で、日本は個人および企業の寄付で資金を調達し、日本の学生の海外留学を奨励するための民間パートナーシップであるLeap for Tomorrow Study Abroad Initiativeを拡大します。

より多くの交換留学生を誘致すると、日本の大学が国際的に競争力を持つようになり、日本の学生を海外に送ることはグローバル人材を育成するのに役立ちます。

READ  日本でニューヨークチーズケーキを作ることができればどこでも作ることができる

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close