エンターテインメント

今週、国際オリンピック委員会(IOC)がユタに来る

SALT LAKE CITY – 国際オリンピック委員会(IOC)が2030年冬季オリンピック開催地を考慮する「技術現場訪問」のために今週ユタを訪問します。

月曜日のプレスリリースによると、3日間の旅行期間中、委員会は2030年冬季オリンピックおよび障害者オリンピックゲームの一部になることができる大会、イベント、および選手村を訪問する予定です。

今回の訪問にはソルトレイクシティ – ユタ州ゲーム委員会が主催し、USOPC(米国オリンピックおよび障害者オリンピック委員会)代表が参加します。 2018年12月、USOPCが次期大会の候補としてユタをAmerica’s Choiceに選んだ以来初めて公式対面訪問です。

フレイザー・ブロック(Fraser Bullock)SLC-UT社長兼CEOは、「IOC訪問は、2002年の多くのレガシースタジアムで選手たちの継続的な参加とオリンピック開催準備の両方を見せる機会」と話した。

2002年冬季オリンピックを開催したユタ州の主導は、日本の札幌、カナダのバンクーバー、スペインのカタルーニャ・アラゴン地域と開催権をめぐって競争すると予想される。

USOPCのSarah Hirshland議長とソルトレイク委員会のメンバーは、6月にスイスを訪問し、2030年の大会のためのユタ州の準備のためのプレゼンテーションを行います。 ロイター

早ければ来年の夏までにホスティングサイトの決定が下されないとロイターは伝えた。 しかし、USOPCは、今年の終わりまでに「主導的な競争相手」が誰であるかについてのアイデアを得ることを期待していました。

READ  窪田正孝、芦田愛菜のコメント力に脱帽西野亮廣は久保田を大絶賛「ごみ人間! 「| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close