スポーツ

仙台大学付属の評判をウィンターカップ優勝に導いた山崎一渉 “プレイでも精神面でもチームの中心選手」 – バスケットカウント| Basket Count

佐藤久コーチ “ここ1本のシュートを決めることができるようになった」

ウィンターカップ決勝仙台大学付属の評判vs園の試合は最後までどの勝負が倒れるかわからない接戦となったが、タイで迎えた残り5秒山崎一渉がミドルシュートを成功名声が頂点の座をつかんだ。

山崎は「とてもシュートが入っていない状況で、(佐藤久)先生がボールを持てば勝負に行ってもとくださったので、その自信が最後にゴールを決めてくることができました」と勝負を決めたラストショットを振り返った。

山崎が言ったように、決してシュートタッチは良くなかった。 3点シュートは12個のうち3個の成功にとどまってフィールドゴール30個のうち10個の成功と低調だった。 それにもかかわらず、強い感じがシュートを打ち続け、結果的に決勝ゴールを決めた。

佐藤コーチは「一渉が約2年でジョトアジンヌン過去1本のシュートを決めることができようになった。50点や60点や雑誌もよい。絶対に入れないといけないシュート、それを決定することができようになってきたのが、私もとてもうれしいです」と、山崎の成長について語った。すぐに山崎の2年間の蓄積が最後のショットの成功を生んだのだ。

タイで迎えた最後の攻撃は、山内じゃヘルメット琉人または山崎のいずれかで攻撃用意したという。 山内は試合開始から3クォーター途中まで13連続でシュートを落としていたが、終盤のシュートタッチを取り戻し守備面でもチームを勢いづける決定的な仕事をしていた。 チームの逆転のオーラをもたらしたのは山内であり、彼にラストショットを投入代替もあったが、山崎は「強くていこうと、自分が打ちました」と、自分が攻撃に執着した。 これは、3年生から学習します来た “エースの自覚」を体現した瞬間だった。

山

「まだルー氏だけ自分が中心になってしろなかった」

佐藤コーチが認め山崎も「3年生イトオトギエイ優勝があると思う」と言ったように、今年のチームを率いてきたのは、確かに3年である。 山崎の実力はファーストクラスの製品だが、多くの場合、精神の弱点を指摘されてきた。 その弱点を克服することができたのは、声をかけてきた3年生の存在が大きい。 山崎は心からそう思っているので、 “最後の大会で報いたいたので、素直にうれしいです」と笑顔を見せた。

「エースとしての自覚が不足していないところを3年生に本気で向き合ってくれました。自分がだめでも何度も何度も声をかけてくれて、ボールを持っていれば勝負にならないと受けた “

ウィザーズの八町塁に東京、山崎は名声のドアを叩いた。 ウィンターカップ優勝を成し遂げたことで、偉大な先輩にアクセスしたが、「まだルー氏が名声にあった時ほど、自分が中心になってしろなかった。」と満足していない。

頼りになる3年生は今引退となり、今では最上級生になる山崎がチームを背負うことになる。 すでに覚悟はできており、先を見据えている。 「まだチームの柱であることがないのでプレイでも精神面でもチームの中心選手になりたいです。来年は全国の舞台で力を出し切れるようにして、また優勝したい」

READ  フジナミ探求5回途中11失点で鋼板/ライブ速報中 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close