トップニュース

企業が人権問題に取り組むことを願う日本首相顧問

日本首相の人権問題 特別補佐官は、グローバル企業部門で問題に対する認識が高まる中、日本企業がサプライチェーンにおける人権リスクを特定し解決するよう促す意向を表明した。

水曜日の交通通信とのインタビューで、11月初めに新たに新設された役職を務める中谷健は、中国や他国の人権問題に懸念があることを認め、日本は国際的支援のために同じ考えを持った国と緊密に協力すると言いました。 基本的な人権を保護するための努力。

中谷元防衛賞は「日本は政府、企業、個人レベルで人権を保護する方法について徹底した調査を受けている」と話した。

2021年11月17日、東京で日本首相の人権問題に関する日本の中谷健特別補佐官が、刑務所通信とのインタビューで話している。 (刑務所)

人権に対するリスクを特定し解決するプロセスを人権実写と呼びます。 欧州はそのような実写を法律に統合しようとする動きを見て、アメリカは人権問題のある会社の製品をブロックしていると中谷氏は語った。

投資家たちは、特に中国極西部の腎臓地域における強制労働やウイグルイスラム教徒の少数民族に対するその他の虐待の疑いに照らして、企業がサプライチェーンで人権問題を解決する方法の調査を強化しています。

東京証券取引所の上場企業は、証券取引所運営者から企業支配構造指針に従い人権を尊重するよう求められています。

「人権を尊重するのは企業の責任です」と中谷氏は語った。

国内では日本で働きながら技術専門性を得ようとする開発途上国の技術研修生を含め、外国人労働者に関連する問題に対応するだろうと特別補佐官は述べた。

日本は1993年に開発途上国に技術を伝授するために技術インターンシップ制度を導入したが、低コスト労働力収入のための隠蔽で国内外で批判を受けた。

岸田文夫首相は、中谷を特別補佐官として指名し、親中性向として知られる林吉正を外務上に任命することにより、ますます独断的でありながら重要な貿易パートナーである北京との取引で正しいバランスを維持しようとしている。

中谷首相は2023年、7カ国(G7)議長国を控え、「国際共助体系」と企業が人権尊重のための努力を強化できる環境を作るのに日本が先頭に立つという目標を明らかにした。

Nakataniは、米国マグニツキー法と同様の人権侵害者と見なされる外国政府の管理に対する制裁の導入を支持しています。

しかし、この問題について知っている消息筋は、岸田が中国との外交的選択を維持し続けようとするため、日本は少なくとも当分の間はそのような法案を作らないと述べました。

中谷首相は、日本がそのような制裁を加える可能性について尋ねると、「可能なすべての戦線で私たちができることを考慮するだろう」と述べた。

米国および他の西側諸国は、腎臓地域のウイグルイスラム教徒に対する人権侵害の疑いで中国に制裁を加えた。

戦争で廃墟となったアフガニスタンの人道的危機について、特別補佐官は、日本政府と協力したアフガン人と日本留学経験のある人々を受け入れるよう努力し続けると述べた。


関連する適用範囲:

信任日本外務大臣は、中国の負傷で共有価値を守ると約束

中国は信任日本外務相の下で安定した関係を希望する

中谷元国防長官、日本人権顧問に任命


READ  ロチェスターの日本料理を提供するビジネスパートナー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close