企業は日本でテストされたインフラゲームの知的財産権訴訟に直面しています

Estimated read time 1 min read





(ゲッティイメージズ)

前橋(MAEBASHI) – 東京電力電力網(TEPCO Power Grid Inc.)とシンガポール両社がこの都市で「世界初」実証実験を通じてテスト中の土木インフラをユーザーが確認できるスマートフォンアプリについて知的財産権侵害訴訟に直面したと明らかにした。 4月22日。

ゲームアプリPicTreeは、ゲーム会社であるDigital Entertainment Asset Pte.を含むシンガポールパートナーシップによって開発されました。 東京エレクトリックパワーカンパニー(TEPCO)ホールディングス株式会社の子会社であるTEPCOパワーグリッド

非営利団体のWhole Earth Foundation(WEF)は、PicTreeはコンテンツの使用方法でTekkonアプリと非常によく似ていると述べています。 TekkonとPicTreeの両方が民間ユーザーがゲーム内の全身写真を送り、そのイメージを土木インフラ整備に活用でき、社会貢献につながります。

Tekkonアプリは「Denchu seisen」(「全州神殿」)というイベントに使用され、日本とシンガポールの共同プロジェクトゲームのタイトルは「Boku to watashi no denchu gassen」(「私たちの全身主の戦い」)です。

Tekkonは2022年から東南アジアなどで発売されており、北陸電力、東北電力などの企業とのパートナーシップを通じて日本でアプリを使った実験試験これが進んだ。 PicTreeは今月群馬県の首都である前橋で初めて発売されました。

都市の魅力を高めるための努力の一環としてTEPCO Power Gridとのパートナーシップを促進した後、前橋市政府は4月10日にWEFから苦情を受けました。 東京電力子会社が脱退し、パートナーシップが解体され、市政府のウェブサイトから報道資料と市場記者会見映像が削除されました。

東京電力関係者は「WEFの苦情を直接聞いたことはないが、ゲーム開発会社から知的財産権侵害がないという通知を受けた」と話した。

WEFは東京電力子会社などを訴えることを考慮している。

(日本原作:前橋局 多道子ロリコ)

READ  ゴジラマイナスワン実写映画が60億円以上稼いで2023年日本公開実写映画1位に登場 - ニュース
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours