エンターテインメント

伊藤健太郎氏「広告契約価格は2000万円、「スポンサー5つを直撃…どのように賠償金| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

「事故を起こして申し訳ありません。深く反省しています。関係者の皆様には、ご迷惑をおかけしました」

10月29日、道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕され、10月30日送検を経て、同日20時10分ごろ、警視庁湾岸警察署で釈放された、伊藤健太郎容疑者(23)。 釈放当日には、容疑者が出演する映画「とんかつDJアゲ太郎」の公開初日舞台挨拶がエンターテインメント業界に大きな衝撃を与えた。

2018年のドラマ「今日から私は! ! 「(日本のTV系)でブレイクした伊藤氏は「とんかつDJ〜」以外にも、映画や舞台、TVなど多くの出演を控えていた。

「映画の場合は、最近では「ケジメ」に優先賠償金を請求することができるようになってきています」(大手広告代理店の関係者)

また、伊藤容疑者は若手イケメンの最大主として広告キャラクターも人気を集め。 2019年から2020年現在もギヨンヌン10を超えた。

画像を最も重視する世界だけに、伊藤容疑者が出演する広告活動の中断は必至。 契約期間中のものについて賠償はどうなるのだろうか。 芸能企画社関係者は言った。

「伊藤容疑者は所属していた「aoao」を退社し、2020年9月11日に「古巣」の「額エンターテイメント」に戻った。 原因は彼に母親のような存在だったマネージャー移籍だと言われています。

現在オフィス移籍しただけで、新しい顕著ことではなく、現在の仕事のほとんどは、前所属事務所の時代に契約されたもの。 違約金や賠償金については今後、前所属会社とスポンサーが議論していきます。 “

一方、芸能ジャーナリスト佐々木博之氏は、異なる見解を持っている。

「現在の会社 “額エンターテイメント」が支払わ形になると思います。 「出戻り」の形となるので、すべての責任を持たざるをえないでしょう。 伊藤容疑者の賠償対象には放送局・映画・CMをが、もちろんCMが最も高額請求がされる可能性が高い。

大型オフィスですが、スポンサー側が同じ事務所に所属している他のタレントと今後の付き合いも考慮して、もし請求されても高額で模倣する場合がほとんどであるが、残念ながら額はその限りではありません。 どのくらいの支払いするかがポイントですね。

過去には、額が大きすぎて事務所が分割違約金を支払った場合もあります。 伊藤氏の賠償金額について一部では5億円と報道されていますが、実際にはそこまで行かないものですよ」

5億円程度の規模はないといっても、かなりの賠償金を支持ということだ。 前の大規模な広告代理店の関係者は言った。

「このような不祥事が発生した場合、「賠償金は●億」と契約書に書かれていますが……実際には、小さなオフィスは支払うことができないのが現実です。

今回のケースも、最終的にスポンサーとオフィスの議論になると予想されます。 今のオフィスは小さく、その程度しか稼い頭がありません。 議論の結果に基づいてますが、破産の可能性もあると言われています。

一般的に、大企業であれば、所属する他のタレントの出演で「相殺」する場合があります。 しかし外資系企業がスポンサーになっていると、本当に厳しい全額請求される場合がほとんど。 大型オフィスにも「相殺」することができません。

伊藤さんが契約しているスポンサーの場合には、特にジョンソン・エンド・ジョンソン(契約先は、株式会社ビジョンケアカンパニー)は、難しく有名である。 額面そのまま適用されるものです。 ちなみに伊藤健太郎の契約金の相場は2000万ウォン程度です。 “

本紙は、前所属事務所のaoao県事務所額エンターテイメント取材を試みたが、期限までに回答はなかった。 次のページでは、伊藤容疑者を起用している中で回答スポンサー5社の対応を紹介する。

READ  「Galaxy A51 5G」のプロモーションに有利じゃないレトリィバーァ、WebCM配信とプレゼントキャンペーンも - 携帯電話Watch

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close