休日以降に退職サービスに移行する日本の労働者の増加

Estimated read time 1 min read

5月初めに終わったゴールデンウィーク以後、職場復帰が難しく、4月から入社する卒業生が増えるなど、民間に退職する日本の労働者が増えている。

近年人気が高まったこのサービスにより、従業員は嫌がらせや不利な勤務環境などの理由で直接対面することなく迅速に会社を離れることができます。

2022年に設立された東京に本社を置くアルバトロス(Albatross Co.)は、会社の社職サービスの集まり(Mumuri)が「すでに多すぎる」という意味と解釈することができ、虐待についての話を提起するユーザーが着実に増えていると言いました。

2024年4月、東京アルバトロス職員が退職代理募集サービスを利用して退社した顧客の事例を処理している。 (写真提供:アルバトロス)(刑務所)

通常、月に約200人を処理しますが、Albatrossは4月に顧客数が1,400人に急増したと述べています。 5月現在まで、すでに500人以上の人々からニュースを聞いています。

やめたい理由としては直属上司が気分が悪くなったり、正規職に入社したり入社と同時に契約職として採用された場合などが挙げられる。

集団利用者のうち20~30代が60%を占め、これらの多くは今年4月に入社した新入生たちだと会社側は明らかにした。

ある卒業生はアルバトロスに新しい雇用主が「採用会議でまるで華やかな企業文化を持つ会社のように見えたが、実際には上司が独裁のように運営し、従業員は暴言を受けた」と話した。 その人が出た後、もっとやめたと会社は言った。

ケースはLine Free Messageアプリを介して管理でき、時には辞職が当日処理されることもあります。

アルバトロス代表の谷本信治(Shinji Tanimoto)は、「困難な環境の中で精神的、肉体的に苦しんでいる人なら、早くページをめくるのが良い。 私たちは人々がそうすることができるように支援したい」と述べた。

この部門は近年成長を続け、100社以上の企業がサービスを提供しています。 価格は20,000円から50,000円($130-$320)の範囲で多様です。

日本では人口減少により利用可能な人材が不足して労働力を販売する市場となり、状況がさらに悪化した可能性が高い。 若い労働者と古い文化を持つ企業間の価値観の不一致も、この傾向に影響を与えたそうです。

しかし、辞職代理サービスは、利便性にもかかわらず、事件を処理する人が資格のある弁護士でない限り、法的問題を処理することに制限があります。

代理退職サービスを提供する東京のITJ法律事務所の角地山宗之弁護士は、給与を受けていないか、他社を通じて辞職が拒否された人々が会社に接近していると述べた。

彼は「法的問題に発展する可能性のある問題については弁護士に相談するよう促す」と話した。


関連プレス:

日本の在宅勤務はコロナ以降減り、ハイブリッド勤務は増加しています。

東京警察、24時間紛失物保管室設置


READ  オリンピックに観客なし、国家森林火災リスク、ハイチの未来:一日を開始するために必要なニュース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours