技術

会社員は日本でTikTokの最大の可能性のないスターです。

彼らは日本で会社の従業員と呼ばれる普通の「サラリーマン」です。 一生懸命働き、フレンドリーで、むしろ規則的です。

しかし、日本の小さなセキュリティ会社の最高経営責任者であり、総責任者は、270万フォロワーと5400万の好みを受ける日本最大のTikTokスターの1つであり、ビデオ共有アプリのトレンドセッター賞を受賞しました。

愚かなダンス、こんにゃくラーメン、その他の日常的な食べ物を集める大京セキュリティーのアカウントは、社長のアイデアです。

大京セキュリティの櫻井大輔社長(右)と小島智彦本部長が大京セキュリティ東京本社廊下で最近チックトーク映像で受賞した賞を受賞している。
AP

彼の素朴な態度にもかかわらず、Daisuke Sakuraiはブランドパワーを強化するだけでなく、会社に若者を募集することにも非常に真剣です。 彼はこれが生存の問題だと思います。

1967年に設立された大京は85人の従業員を持ち、そのうち10人は本社事務所に勤務し、東京都心の路地にある未知の建物の2階に位置しています。

櫻井は「私たちの職業は日本で「Three-K」というラベルの付いた会社の一つです」と櫻井は言いました。

この小さな日本のセキュリティ会社は、270万フォロワーと5400万の好みを受けている国内最大のTikTokスターの一つです。
この小さな日本のセキュリティ会社は、270万フォロワーと5400万の好みを受けている国内最大のTikTokスターの一つです。
AP

Daikyo警備員の一般的な職業は、建設現場で働きながら点滅する棒で交通を案内し、歩行者を打たずにトラックが安全に行き来することです。

過度に特別なスキルを必要とする仕事ではありませんが、屋外に数時間立っていることを望む人はいません。 櫻井氏は、事務員の潜在的な雇用主が二人であることとは対照的に、最大99の保安会社がすべての採用をめぐって戦っていると述べた。

そしてこれはすべての部門が労働力不足を経験している急速な高齢化日本です。

それでは、若者が集まる場所であるソーシャルメディアに目を向けませんか? 櫻井はツイッターとインスタグラムに投稿を始めた。 しかし、彼がTikTokに行ったとき、仕事はバイラルでした。

人気の部分で、智彦小島総括マネージャーは手をひっくり返し、様々な漫画本のキャラクターの目で飾られたジェルシートを上司の目の真上を打ちます。

「このキャラは何?」 字幕は英語で聞く。

カットは使用されていないと誇りに思っています。 Kojimaはストリップが正しく落ちるまで試み続けなければなりませんでした。

彼は「勤務時間には練習をしない」と話して笑いを誘った。

クリップには明確なメッセージがあります。 このクリップは、厳密に階層的でも抑圧的でもある日本企業の固定観念に挑戦します。 Daikyoでは、スタッフはCEOにゲルシートを叩きます。

チックトーク以前の大京求職者は0人だった。 チックトークに続いて映像作業を希望する方を含め、数十人の志願者が集まっている。

アカウントには、グッピーダンス、詰まったラーメン、その他の日常的な食べ物が表示されます。
アカウントには、グッピーダンス、詰まったラーメン、その他の日常的な食べ物が表示されます。
AP

スタッフが美味しいオムレツを調理するようないくつかのビデオは、アメリカのポップトリオAJRの「World’s Smallest Violin」のような軽快な歌声に合わせて広がっています。

彼らは皆、職場で自分を真剣に考えない制服を着た男女の幸せで謙虚な人生を描いています。

彼らは日本の良い人です。 そして、彼らがお互いをとても愛していることは明らかです。

彼らの成功は、デジタル技術で遅れているJapan Inc.の画像、特に自分のやり方に固定されており、新しい技術に対応できない年齢の男性の画像とは対照的です。

最近、TikTokは「イザカヤ」パブや美容室からタクシー会社まで、興味のあるビジネスにあふれています。

櫻井はベトナムやインドネシアのような場所から労働者を引き付け、彼らが英語で働くことを願って現在のグローバルな影響力に目を向けました。

TikTokは会社の社長のアイデアです。
TikTokは会社の社長のアイデアです。
AP

そのため、最近のビデオには、数千のコメントと数百万の再生回数を記録したクリップで、さまざまな国の国旗が付いたゲルシートがあります。

モンゴルの国旗を叩くと、モンゴルの視聴者たちが感謝の挨拶を伝える。 他の人はリトアニアやレバノンのお気に入りの国旗を要求します。

それはTikTokがDaikyoを単に台無しにし、笑いながら言語と文化的な障壁を克服するのを助けたという兆候です。

小島は「私の仕事を価値のあるものにするのは人に関することだからです」と言いました。

「私を描くのは物ではなく人です」。

READ  培養肉産業は大量生産を大事にする

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close