理科

会議で重箱の隅つつく “面倒な人」を一発で沈黙天才的な質問どの相手もちんぷんかんぷんなる| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

組織に一定のできる「面倒な人」にどのように対処すればいいのか。心理学者内藤誼人氏は、「例えば、会議での議論の本質とは、他の小さなことにこだわっ重箱の隅を掘って質問攻めをする人がいます。 そのような人をよく避けるには元英国首相マーガレット・サッチャー氏実践事例が参考になるだろう」と – 。

※この記事は、内藤誼人 “面倒な人のガイドの人間関係が楽になること58アドバイス「(債券発行)の一部を再編集したものです。

写真= iStock.com / NicolasMcComber

※写真はイメージです

面倒な人のトライセットが1:続けざまに批判来る人

<특징>
・回答できないことを質問してくる
・相手もそれを知って質問してくる
・すぐにする人が多い印象

私はあまりテレビ国会中継を見たいしない。

特に野党政治家が重箱の隅を掘っの質問攻勢をしている姿は、お世辞にも上品ではない。

不平をして政権与党のイメージを破ることも野党の仕事というのは、知ることができますが、「相手を粉砕ちょうど質問」を繰り返しているような気がする。

私はそのようなシーンをたくさん見たくないので、静かにTVを消してしまう。

“”検討する必要がある」と具体的にどのように検討か!」
“”全員参加の体制を作る」は、すべてはどこまで言うか! “

このような質問は、単に相手を粉砕だけのための質問のように感じる。

相手が何を答えても、元の受け気持ちなどないから答えだけ無駄である。

つまり、無駄な質問に延々とは合わされるだけである。 これ不毛言わなければ、何を不毛のか。 あまりにもしつこく詰問されるので、質問に答え、人間が

「そんな、些細なこと……」

高言おうものなら、

「些細なこと、そして何ですか!疑問点はすべて明らかにおかない知ってできないのは当然じゃないですか!」

さらに食べかかられるのだからほとほとうんざりする。

は、このような大国を相手にする時はどうすればいいのだろうか。

イギリスのヨーク大学のピーター・ブル博士は、質問をよく守ることで有名な対処元首相のインタビューを研究して、いくつかの効果的な方法については明らかにしている。

それ皆さんに紹介しておこう。

一つ目の方法は、相手の質問に攻撃をする方法である。

「それは家の話に過ぎない。家庭の話にはお答えできません。」
「その質問は誤った前提に立っていますね」
「その質問は正確ですね」
「その質問は今の状況とは全く関係がないのです」

などで攻撃すると、相手の質問は容易。

次の方法は、質問に質問を付ける方法である。

「より明確に質問してくれませんか?」
「抽象的すぎるかもしれません。何か具体的な例を挙げてくれませんか」

など切り返せば相手をちんぷんかんぷんさせることもできる。

また、相手に質問をしていない方法もある。

「なるほど、しかし、私の話はまだ途中なので、 “

だからといって相手に連続的に質問をしないで、一つ目の質問について、自ら勝手なことを言ってしまうのだ。

これらのスイングの戦術を知っておくと少し相手の批判にも耐えられるようになるかもしれない。 しかし、重箱の隅をつついてくる人は、あなたと議論をしようとするのではなく、単に粉砕たいだけかもしれない。

そのような人だと分かると議論などをせずに、早めに敗北を認めるほうがいい。

議論をするだけ無駄なので、最初から議論の土俵に上がらなければいいのだ。

◆続けざまに批判来る人の扱い方
早く敗北を認め議論を終える

READ  物理学者は、高温プラズマの内部のパルスで光の速度を破るました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close