エンターテインメント

伝染病で日本では、夏のボーナスが低下します。

民間部門の調査に参加した回答者のほぼ30%が昨年より夏のボーナスが減少したと回答しており、これは、より多くの日本人がコロナウイルス感染症は、企業の収益に打撃を着せることを感じていることを示します。

日本の生命保険(株)のオンライン調査によると、ボーナスの低下を見た人の割合は、昨年の30.1%に急増し、今年は27.6%を維持しました。 大流行前の2019年の数値は14.3%であった。

サービスプロバイダの打撃の深刻さを反映して輸送や郵便サービス部門の回答者の38.5%がボーナスが減少したと回答しており、エンターテイメント、結婚のような生活の事件と関連するその他のサービスを提供する部門の35.5%が、その続いでした。 ボーナス削減の経験が最も多い製造業は33.7%で3位を占めた。

夏のボーナスは平均564,000円($ 5,120)で、1年前554,000円で増加した。 しかし、6月1日から14日まで9,073人の回答者を対象にしたアンケート調査によると、この数字は、大流行前の2019年の平均61万人よりもまだ低い。

新型コロナウイルスの拡散は、全世界的に経済活動を停滞させて製造および非製造の両方に影響を与えた。 ここ数カ月の間の経済学者は、中国と米国のような国の外部需要の増加により、メーカー間の回復速度のばらつきを指摘しており、日本がコロナウイルス感染を抑制するのに苦労しているので、非メーカーはまだ懸念しています。

4番目の緊急事態が月曜日から8月22日まで、東京にある予定であり、この期間中に東京オリンピックは、国内外の観客なしで行われます。

将来のために貯蓄するほか、ボーナスをどのように書くかについての質問に最も多くの部分を占める26.2%はお金の一部が生活費をカバーするために使用すると答えており、彼らが望むものを購入する人19.8%よりも先にあった。 2019年大流行前には国内旅行が1位を占めています。

NLI Researchの康秀矢島シニアエコノミストは「海外経済の回復に支えられ、主にメーカーの間で企業収益が回復していることが明らかです。ボーナスは業績が遅れることを反映するため、上昇を開始するために、より多くの時間がかかることです」と言いました。 日本の生命シンクタンク研究所。

READ  映画「鬼滅の日」興行収入311億円突破」千尋の」まで5.2億円今週も歴代1位[랭킹 목록 있음]| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close