エンターテインメント

伝染病で逃した作品を上映する映画祭

今回の映画祭は、コロナ19ファンデミック(世界的な大流行)により、損失を受けた数十本の映画を披露し、困難を経験している配給業界に新しい命を吹き込むことを目指しています。

12月4日から19日まで東京池袋地域で開かれる予定のカムバック映画祭について佐々木新一は「このラインナップは逆さまのおもちゃ箱のように見える」と話した。

日本の劇場所有者協会会長の佐々木氏は、自分が愛する病気の映画業界に必要な活力を提供するために、新しいイベントを組織しなければならないと感じました。

「私は映画の中で育った。 それで(産業を)また生かすために今何かをしなければならないと感じた」と話した。

映画祭の59映画のラインナップには、日本のブロックバスター「ルロニー検身:ファイナル/ザビギニング」が含まれます。 スターリンのソ連に関するドキュメンタリー「国家葬儀」オスカー賞受賞者「父」。 「海の上のピアニストの伝説」のような古い傑作。 そして若い監督の短編映画。

映画祭のすべての映画は何らかの方法で大流行の影響を受けました。 上映が中止されたり、劇場開封中に観客が制限されたり、撮影スケジュールが中断されたりしました。

ささきはしょちく株式会社そしてWarner Bros。 日本のような主要な配給会社から独立した配給会社に至るまで、映画配給会社を招待し、再び上映したい映画を提出しました。

彼は「ファンデミック(世界的大流行)の状況でほとんど取引をしなかった独立流通業者と話をする機会を得た」と話した。

この祭りは「ARTS for the future!」というプロジェクトを通じて文化庁から支援金を受けることができるようになった。

144席規模の小規模劇場Hall Mixaで開催されます。

各参加映画は一度だけ上映され、収益が得られない場合があります。

しかし佐々木はファンデミックが「映画製作者たちが表現の機会を無慈悲に奪い取ったから」祭りを主催することが価値があると考えていると述べました。

配給会社みもざフィルムズ株式会社を率いる杏子村田さんは、今後も進行中の健康危機にもかかわらず業界の状況を懸念しているが、ささきの努力を歓迎した。

村田の会社は、祭りで「The Bookseller」と「The Capote Tapes」という2つの映画を上映する予定です。

彼女は、この映画を見た人々の数がファンデミック以前の観客レベルの約3分の1から半分に抑えられていると述べた。

「まだ年上の観客の方々が劇場に行かなかったので心配になりますが(フェスティバル)のような企画は本当に歓迎します。」

フェスティバルの詳細については、以下をご覧ください。 (https://comeback-movie-festival.jp)

READ  東京株式市場は、しっかりした技術株式の上昇、国内実績に焦点

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close