経済

伝染病と気候の危機の中で、マルクスを眺める若い日本人

東京(教徒) – 気候変動の世界的な課題が加重されてコロナウイルス大流行が経済的不平等を拡大することにより、資本主義の矛盾と限界を指摘したカール・マルクスが日本、特に若者の間で新たな賛辞を得ています。



2021年4月9日、東京丸の内エリアの書店チェーン丸善本店にある「Reviving Marx「北のコーナーが撮影されました。 (教徒)

9月に出版されたベストセラーの本で、19世紀のドイツの思想家の画期的な「Das Kapital」の観点から説明された理論を再創造した大阪市立大学の34歳助教授がブームを引き起こした。

この本では斎藤公平は、国連が設定した持続可能な開発目標の実現が現代資本主義の下で「丸い三角形を描くこと」だけは不可能だと主張しました。

この本の成功は、日本の公営放送NHKから1月に放映されたプログラムで、英語で「資本金:政治経済の批判」というタイトルで知られているマルクスの基礎理論テキストのコメントを発表するように招待された。

斎藤は最近のインタビューで、「多くの人々がコロナウイルス感染症の間に社会的に脆弱な人々だけ苦労していることを見たとき、資本主義の矛盾を発見した」と述べた。

冷戦や1960年代の大学生のデモの記憶がない若い人たちはサイトがプログラムで議論したアイデアに強い関心を示しました。 放送を控えて、マルクスの読みにくい作品を簡潔教科書版で公開したNHK出版社には、20〜30代からの手紙が殺到した。

したシングルマザーは都市から田舎に引っ越しすることに文を書き、今、彼女は農家として新しい人生を楽しんでいます。 「私は大量消費の価値から脱し実践に移したかった」と彼女は言った。

斉藤はマルクスからインスピレーションを受けた「成長共産主義」の理論を提示するが、ここで社会は、経済成長よりも社会的、生態学的安寧を優先するより人文主義的な道を追求することにより、資本主義の下で、大量生産と大量消費の永遠の循環を停止することができると主張します。

この本の成功は、マルクス主義思想への関心のルネッサンスを呼びました。

東京丸の内地区にある書店チェーン丸善の本店は「マルクス復活」というタイトルの特別なセクションを開きました。 マルクスブックコーナーを担当しているノブヤ沢木は「コロナウイルスが原因で、自宅でドアを閉めた人々のニーズのために、人類の難しいタイトルを手にショットを取得している」と述べた。

ほとんどの若い男女は、2ヶ月でマルクスをテーマにしたタイトルを、約1,600冊購入した沢木は言った。

資本主義が浮かぶ1818年にドイツで生まれたマルクスは、1867年の最初の本である「Das Kapital」で、資本主義的生産様式の経済的基盤を明らかにすることを目標としました。

マルクスは、労働者搾取と環境破壊がますます深刻化する社会を分析し、その結果、災害を予見した。

彼は最初はフランスで「私が死んだときに洪水が近づくことができる」と解釈される表現を使用して、その前に目先の利益だけを見て何も気にしない資本家の傲慢と利己心を冷笑的に描写します。 彼が去った後の未来。

現代の人類学者デビッド・グラバー(David Graeber)と経済学者トーマス・ピケティー(Thomas Piketty)のような影響力のある思想家は付加差し迫った「洪水」の信号であるかのように、上位1%の手に集中されている隙間が大きくなっていると指摘します。

一方、ジャーナリストのナオミ・クラインのような他の人々は制御されていない資本主義がもたらした気候の危機について話します。

伝道者の熱意を持った生態社会主義者である斉藤はNHKの「100分の傑作 “でマルクスのために自分の考えを説明しました。このフォーラムは、専門家に知られて困難な作業を一ヶ月に渡って放映された4つの25分セグメントに説明するフォーラムを提供しています。

彼の日本書籍「人類歳の資本」が25万部以上出版されて編集者、書店の従業員と新聞記者が選んだ「2021新書賞」を受賞しました。

この本の編集者は、「おそらく、多くの若者たちが国や企業が環境破壊に関与していると非難したGreta Thunbergの影響で彼の本を得た」と述べた。

彼の英語で公開された別の本で、2018年の権威あるDeutscher Memorial Prizeを受賞したSaitoはマルクスが資本主義に内在された環境の危機を見た政治経済への批判は終わらなかったと主張します。

マルクスは、晩年に資本主義政権の環境への破壊的な結果をはっきりと知っていた斎藤は主張した。 斉藤は「大使亀裂」というコアコンセプトを使用して、資本主義下の生態系の危機傾向を説明します。

斎藤は非暴力デモを介して社会的、経済的、政治的変化を呼び起こす少数民族の「3.5%統治」を提唱していると述べた。

「人口の3.5%が非暴力的に増加すると、社会が変わることです。私は行動を奨励したいと思います」とSaitoは言いました。

READ  PowellはStimulus:Eco Weekでダイヤルバックに近づいています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close