トップニュース

伝染病に日本での釣りとボートの人気増加

TOKYO >>昨年Yuki Muraokaは東京で、自分の好きな釣りの場所を訪問するレクリエーション釣り人の数が増加することを発見しました。 一人ででも家族と一緒に入ったロッドとリールを装着した人は、東京だけで流れる運河と墨田の荒川のような都市を流れる川に沿って人気スポットに集まってきます。

8年前に釣りを始めた彫刻家は、「一部の橋の杭では、一度に12人を超える漁師が集まっている様子を見ることができます。 「夜も川沿いを散歩すると釣り人を見ることができます。 最初の釣り探検で、初心者にも会いました。」

Muraokaは家にとどまる要求のために長距離旅行をほぼ避けているが、まだ頻繁市の釣り場所が多いと言います。

「来月には東京湾でマダイを悩ませ船に乗っていく計画です。」と彼は言った。

野外活動の社会的距離と精神健康上の利点が大流行期間中に新鮮な空気をお探しの方にアピールするため、日本で多くの人々が釣りとボートに魅了されています。

スも昭夫監督は、海岸都市千葉県市原の海釣り公園」オリジナルメーカー合水リー公園」の来場者数は平年比で約10%増加したと述べた。 公園には、水で伸びている桟橋と漁具を販売して貸与するレストランやショップがあります。 「平日はほとんどの高齢者であり、週末には子供がいる家族が多いです。」と彼は言った。

句の販売も好調です。 収益レポートでの釣りツールの大手メーカーであるShimano Inc.は、2020会計年度の売上高が前年比4.1%増の35億ドルを記録しました。 大流行当時アウトドアレジャー活動への関心に基づいて2021年の売上高が20.5%増加すると予想した。

Marketandresearch.bizによると、スポーツフィッシング機器の世界市場は2019年に131億7000万ドルで、2025年には149億5000万ドルに達すると予想される上昇傾向です。

日本の海洋産業協会のMasao Fujiiは「2020年にはボート免許を取得した人の数も急増しています。 日本の海洋レクリエーション協会によると、この数字は15年ぶりに69,000人を記録しました。

ボートクラブ会員数も2020年に4,800人で史上最高値を記録した。 日本の工芸検査機構によると、2020年には、船舶が不足して新型ボートの販売量が小幅減少したが、中古ボート市場は、2020年に7%成長した95,000人を記録しました。 。

「私たちは、打撃に備えていたので、この数値にかなり驚きました。 これから私たちは、個人や小規模だけでなく、大規模なパーティーまで、新しい船のファンを育成したいと思います。」とFujiiは言いました。

和歌山県にあるダイブショップマリンステージのオーナー谷口勝正氏は、過去1年間の海外ダイビングサイトを旅行することができなかったダイバーの群れが彼の店を訪問したと述べた。 「多くの人が常連客になりました。 “

伊豆半島の南海岸にあるミコモットー島周辺の海を頻繁に訪問する東京ベースのアートディーラーKazuhito Inoueはダイビングが完璧な流行のスポーツと言いました。

「海でのダイビングは、最終的な社会的距離活動です。」

READ  ミャンマーは日本のジャーナリストを東京のジェスチャーで自由にします。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close