経済

住宅ローンの退職金の支払いはNG? | au Webポータル経済・ITニュース

住宅ローンを退職金に返済トラップも(画像)

現役で働いている間住宅ローンを返済する──そんな話は夢のような話になっている。 日本経済新聞(10月5日朝刊)は「住宅ローン返済の年齢上昇平均73歳、年金生活不安定」というタイトルで定年退職後も住宅ローンを返済継続高齢者が増えることを報道した。

[그림]「住宅ローン」調整することが有利場合も

つまり、年金住宅ローンの支払いの時代に突入しているのだが、そこには老後の資金計画全体の見直しが必要である。 従来の発想ではなく、老後破綻を早める結果にもなる可能性があるだろう。

◆それでも「退職金の支払い」したい場合

老後資金計画で誤算につながることは、退職金繰り上げ返済を急ぐのだ。 その他のクリーンアップされた貯蓄がない人が退職金の返済に使用して貯蓄を失いは万が一の事態が起これば、老後破綻を招く可能性があるからである。

それでも「退職金を返すたい」という人は、どうすればよいかファイナンシャルリサーチ代表の後狩野泰彦氏が指摘する。

「基準に退職金の半分以下に住宅ローンの残りの債券を支払うてしまうことがある場合は、一括返済もあるでしょう。それにもかかわらず、雇用延長などで、65歳までの給料が入ったら、これまで繰り上げせずに毎月の返済するのが良い。一括返済した数年後に死亡した事例は、意外に多くの団体信用生命保険というセーフティーネットを無駄にする欠点があることも考慮して選択しましょう」

◆金利が高い時代に借りた人は?

1990年代には、住宅ローンの金利が3〜5%と高かった。 現在60代の人は、この時代に家を購入した場合が少なくない。 そのような人が高金利まま返済期間を延長すると返済額が膨らんむしろ「ローン地獄」に陥ってしまう。

「金利が高い負債は最初に返さ」というのが返済の基本である。だからといって前述したように、退職金繰り上げ返済必ずしも良いアイデアではない。

だから利用したいのが、低金利の住宅ローンに借り換えある。 「返済条件の変更」とは異なり、原則、返済期間は変わらないが、現在の低金利が適用される。NPO法人「住宅ローン問題のサポートネットワーク」の代表取締役で財政計画の高橋愛子氏はこう指摘する。

「金利4%台の住宅ローン金利1%台のフラット35など借り換えれた場合の返済額は減らすことができます。定年後のシニアも再雇用などで年金以外の収入があれば、金融機関の審査を通過する完全引退年金生活に入る前に、借り換える招待し “

しかし、調整の場合、申請年齢は70歳で数十万円の費用が必要となる受注のしなければならない。

※週刊ポスト2020年10月30日号

READ  「東京サクラ戦車」命名3年半も定着していない」都電荒川線「前面に出す場合も...」の愛称を与えていた」?:J-CASTニュース[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close