スポーツ

佐藤、TOTO Japan ClassicでT-22で締め切り

2021年11月7日| 午後5時5分

マニラ、フィリピン – Yuka Sasoの最後のラウンド攻撃はありませんでした。

最初のダブルビューの間違いのおかげで、Fil-Japanは最後の18ホールの残りの部分を彼女の猛烈な外観を思い出させるのに費やしました。 彼女は74打で終わり、22位まで落ちました。 日曜日、滋賀県で印象的なファッションを着た古江彩香。

共同12土曜日に共同に移動した後、上位10位以内に少なくともクラックを得るために低いラウンドを生成するために厳しい圧迫を受けたSasoは、Seta Golfのノースコースで波を実行した後、パー4 No.5で2打を落としました。 彼女はバディでフロントサイドを止めましたが、後ろから状況が少し揺れました。

彼女は11番と12番を見ることにして13番ホールでハンタを得たが、17番ホールでまたハンタを落とす前、最後のホールでバディを36-38打で72ホール合計285打を打ってフルエに13打遅れた。

去る6月、Nasa Hataokaとのプレーオフ勝利でUS Women’s Openを占める確率を破り、メジャースターになった20歳のシュートメーカーから多くの人々が期待した種類の仕上げではありませんでした。

彼女は200万ドルのイベントに登録することを決めたときに多くの関心を呼び起こしました。 LPGAツアーのスリープを利用してジャパンツアーLPGAに戻り、昨年プロキャリアを開始し、2度優勝を獲得し、世界最高の女性サーキット。

世界ランキング6位も同様に22歳になれば日本国籍法により国籍を選択するために2023年から日本国籍に転換する手続きを踏むことができるようになった。

一方、Furueは最近4つのJLPGAトーナメントで3回目の優勝のために16アンダー272打の合計16アンダー波272打を記録し、Mone Inamiを3次に勝ち、見えない69打でもう一週間を終えながら熱い走りを続けました。

シーズンが最後に入ったJLPGA第7戦で優勝したイナミは70打で275打で2位、西郷真央が73打で279打で3位に上がった。

54ホール以後投業したFurueは2番ホールでバディで先頭席を守り、6番と16番ホールで2打を打った。で見るゲームをしました。

Furueは今年の選手レース(3,596点対Inamiの3,535点)でInamiを抜いて3,300万円という膨大な賞金を得て、マネーダービー(2億3,000万円対Inamiの収入2億3,400万円)で勝利

一方、共同22位に上がる見返りで226万円(100万ペソ)を集めたSasoは、過去2つのLPGA大会である木曜日Belleairで開かれるPelican ChampionshipとCME Groupに参加するために米国に戻ります。 11月18日から21日までフロリダのナポリで行われるツアーチャンピオンシップ。

READ  オリンピック女子ボクシングは東京で、より大きく、より深く、より良いです。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close