エンターテインメント

佐藤光一「私にすべての “石田ゆり子&西島秀俊&中村倫也が集結「自動東京」の撮影現場レポート| cinemacafe.net

人気作家秦建日子の小説「沈黙東京And so this is Xmas」(河出文庫刊)を映画「SP」シリーズなど波多野貴文監督が映画化した「自動東京」現場取材が昨年12月上旬に都内某所で行われた佐藤浩一、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也という豪華キャストが集結した話に重要な場面がマスコミに公開された。

>>「自動東京」プロット&キャストはここ

物語の舞台は、聖夜の東京。 そこで起きた連続爆破事件に巻き込まれた人々に衝撃の物語が展開するクライムサスペンスだ。

この日、メディアに公開されたのは、佐藤さんが演じる東京で起きた連続爆破テロ事件の容疑者・朝比奈た、石田さんが演じるショッピング途中に事件に巻き込ま主婦・山口アイコンは、一連の事件を独自に追う渋谷警察署刑事課・警部補のトヨタシノ夫(西島さん)、不可解な行動をとる孤独IT起業家・砂川元木(中村氏)が一堂に集まるレストランでの一場面。 捜査線上に容疑者として上がったアサヒナウルトヨタなど、警察が狩りの場面である。


高級レストランでは、人々がおいしい料理とお食事をお楽しみ優しい雰囲気が流れる中、物語の中心人物たちが現れ一転して緊迫した場面に変貌する場面である。 カメラの位置などを設定することを期待、佐藤さんは、現場をゆっくり歩き回ってみると、遠くから撮影場所を見て、スタッフと話を交わしたり、取材陣の前でぼそと「演劇は難しい」とつぶやいたり…多少緊張した表情に感じられた。


カメラの位置を変えて、様々なパターンで撮影は行われたが、その佐藤さんはセリフドライバを監督確認少しずつ言葉を変える。 それに反応する石田さんの表情も遠くても緊張感が漂う。

その後、現場に来て、西島さんと中村氏。 今、日本映画界に欠かせない4人なシーンに合わせた画面は、詳しく説明もいいほどの説得力がある。

広告後も継続されます


このシーンについて佐藤さんは、「私にも朝比奈もすべて “と言うと”台本にと、一般的に言うことができますが、あえて丁寧語に入ってもいいのか…などを確認させてもらいました」と短いシーンながらも強いこだわりを見せる。 石田さんも「それぞれ、あなたが出てくる場面。非常に緊張感が華やかな場面。同時にとても難しかった」と感想を述べた。


また、西島さんは「光一さんとのシーンは、一場面だけだったが、非常に重要な場面でお互いの気持ちをぶつけ合う場面は私は私の方だったが、一見の価値があった」と撮影を振り返る。 大先輩たちに囲まれた中村さんも「先輩たちが非常に素直にで優しく話しかけてくれました。俳優同士の意味は非常に大きな胸を借りるつもりで、正面にぶつかって行くことができました」と貴重な現場だったことを明らかにしていた。


話には興味本位で犯行予告現場に来てしまう会社員・タカ南駅の広瀬アリス犯人に仕立てている放送局契約井戸之脇海、トヨタとバディを組む生真面目新人刑事・泉ダイ駅の名勝涼も出演作品に軒を加える。

佐藤さんは、「この作品は、エンターテイメントです」と強調しながらも、「エンターテイメントに見ていただいた先に何か喉に少しでもかかることがある場合は、それは世界で起こっているさまざまな問題を単に対岸の火事終えずに受け入れることだと思う」と作品に内包するテーマについて話した。


「自動東京」は、12月4日(金)から全国で公開。

READ  PS4版「NieR:Automata Game of the YoRHa Edition」50%割引」TOKYO GAME SHOW 2020 ONLINE開催記念セール」が今日開始

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close