トップニュース

体操 – 日本、橋本が総合優勝に新しい「王」選定

2020年東京オリンピック – 体操 – 芸術 – 男性個人総合 – メダル授賞式 – 日本、東京 – 2021年7月28日。 日本の橋本大樹が金を持ってポーズを取っています。 REUTERS /マイクブレイク

東京、7月28日(ロイター) – 橋本大樹が水曜日、日本の五輪男子体操総合冠を息をのむスタイルで見て来て、有明スタジアムの中のいくつかの観客は雄だろたし苦い中国は調査を申請した。

2012年と2016年のオリンピック総合チャンピオンだった開催国の “キング”内村公平(Uchimura Kohei)が東京で彼のタイトルを守るしないことを決定し、彼の後継者である橋本(Hashimoto)が出なければならいました。

19歳のこの選手は合計88.465点の勝ち点を記録し、2017年の世界の総合チャンピオンである中国のXiao Ruotengを2位に押し出すなどの失望をしていません。

世界の総合チャンピオンであるロシアのNikita Nagornyyが銅メダルを獲得しました。

Xiaoが先頭を走ってすべてのメダル候補が高いバーで仕上げながら、最終的ローテーションに入った金は、2008年の北京夏季ゲーム以来初めて中国に向かいました。

しかし、最後に出場したHashimotoはXiaoを抜いて表彰台に上がるのに十分な14.933の最高記録を達成した素晴らしいルーチンを作り上げました。

Hashimotoが自分の順番を変えようと出たとき、中国はXiaoの14.066点について調査を提出したが、あまりにも低いと判断しました。

数分後、照会が拒否されスコアは変更されなかったと発表しました。

負傷の侮辱を加えながら、金メダルは、日本、中国を抜いて東京2020メダルテーブルで1位を占めています。

現職の世界チャンピオン2人の元世界チャンピオン2人含まれている品質の分野で上位4人すべて0.5点以内のメダルが最終装置に到達したことは驚くべきことではありません。

しかし、最も薄い履歴書の体操選手であるHashimotoが団体戦で日本を銀メダルに助けた後、東京オリンピックの第二のメダルを獲得したのは、確かに驚くべきことであった。

東京でSteve Keatingの報告; Christian RadnedgeとHugh Lawsonの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の3月の輸出は年間16.1%増加-MOF

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close