作家は、漫画の風刺を通して展示日本の「顔」を表現します。

1 min read

作家のフアン・タカイは戦争の光ですが、物語を理解するために弾丸を避けるタイプではありません。

むしろ29歳の彼は、戦争に人間の姿を入れるために歴史的資料を探求することを好みます。

彼の最近の著書「吉祥北京漫画全集」(米国と英国の悪魔漫画集)は、第二次世界大戦当時、日本で連合軍を風刺的に描写した方式の変化を見ている。

この膨大な作品には、1941年から1945年の間の人気雑誌やその他の出版物に載せられた似顔絵が460以上含まれています。

「漫画はまだ戦争初期のイギリスとアメリカの文化に対するクリエイターの愛情を反映しています。」と高井は言いました。 「戦争の流れが日本に不利に戻ると、大衆は政府の立場に合わせて自然に英国人とアメリカ人を悪魔と呼び始めました。」

彼はウィンストン・チャーチル首相とフランクリン・D・ルーズベルト大統領が「漫画で徐々に醜い姿として描かれ始めた」と指摘しました。

2019年に、高井は他の2冊の本である「千善ハンセン初詣大正」(展示反対発言概要)と「千善風케이初覇大正」(展示神聖母毒発言概要)を出版しました。

本には、トイレの落書き、メディアに登場する市民抵抗のイメージなど、怒りの表現が1,000種類以上描かれています。

展示特別高等警察が発行した月次報告書は、彼の本に関する貴重な資料を提供しました。

高井'第二次世界大戦に関するテーマに対する彼の関心は、彼の祖父から来ました。'日本帝国海軍にボランティアすることにしました。

高井は、予備パイロット訓練の過程で使える靴に比べて、おじいちゃんの靴サイズが大きすぎるという事実が明らかになり、おじいちゃんが早く家に帰ってきたという事実に衝撃を受けました。

その結果、隣人や他の人は彼の祖父を避け、彼を悪い人と見なしました。 自分の義務を回避しました。

彼は本質的に捨てられた人になりました。 彼の足が大きすぎたので「やっと生き残ることができた」。

これにより、高井は天皇のために死ぬことが高貴な犠牲とされていた戦争のうち、一般の人々の人生についてもっと知りました。 彼は学校の教科書でほとんど扱われていない歴史的記録と物語を凌駕し始めました。

彼の父は日本の海外協力ボランティアでした。 彼の母親はパラグアイ出身だから、高井は母親とスペイン語で会話を交わす。

高井氏は、周りの人々と交流するのに苦労したとき、「世界は私の敵」であると感じました。

彼の以前の2冊の本が出版された直後、コロナ19大流行が世界中に影を落とし、ウクライナで戦争が勃発しました。

彼は「今後何が起こるかは誰も知らない」と話した。 「一部の人々は1941年11月に不安な雰囲気を感じたかもしれませんが、実際に1か月以内にアメリカとの戦争が始まると予想した人はほとんどいなかったでしょう。」

高井は彼の最近の本が「単純に過去の記録で終わることを願う」と言いました。

READ  日本裁判所、水俣被害者128人に賠償命令
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours