スポーツ

作家村上、日本の首相、ファンデミク対策批判

東京(AP) – 日本の小説家、村上春樹は日曜日月間ラジオ番組で菅義弘ところ増加しているCOVID-19急増と大流行に対する大衆の懸念を無視した日本の首相を批判した。

村上は先月伝染病に延期された東京オリンピック直前に作られた「長いトンネルを通って今の出口が目の前に見える」は、菅の言葉を引用した。 ゲームが始まって以来、毎日新しい事例が全国的にほぼ5倍、東京では3倍以上に増加しました。

「彼は本当に出口を見た場合、彼の目は、彼の年齢で非常に素晴らしいしたものです。 私は菅氏と同い年だが、出口がまったく見られない」と村上(72)氏は語った。

「彼は他の人の言うことを聞かず、よく見る目だけ、または見たいものだけ見ることができます。」と彼は言いました。

Murakamiは、以前に官僚が用意したテキストを読んで、人々の心に達することができる強力なメッセージを転送しない政治家を批判しました。

Murakamiは「まだ出口が見えないが、出口が見え始めるまで生存し、可能なすべてのものを利用する必要があります。」と言いました。

ワクチン効能について過度に楽観的なものとされるシュガーは、広範な健康問題と大衆の抗議にもかかわらず、オリンピックとパラリンピックを開催したことに対して批判に直面しました。 彼の政府の支持率は、9月の就任直後、約70%で、今月の30%下に急落した。

首相、先週コロナ19緊急措置の拡大 日本の約4分の3を覆うことができます。

シュガーは非常対策を拡大し、最近リリースされたカクテルインフュージョン治療を追加武器に挙げて、「明るく見え始めた」と話して反発を買った。 彼はまた、遅れてスロースタートにもかかわらず、5月末以降、日本の発売速度が目標1日用量を超えた賞賛しました。

日本の人口の約44%が予防接種を完了しました。 シュガーは10月か11月まで資格があり意向があるすべての人々に完全にワクチンを接種することを希望すると言う専門家は、伝染性が高いデルタ変種により集団免疫が不可能と言います。

Murakamiは、大学卒業後、東京でジャズバー運営しながら書くを開始しました。 1979年のデビュー小説「風が歌う声を聞け」に続き、1987年のロマンス」、ノルウェーの森」が彼の最初のベストセラーとなって、若い文学スターとなった。 彼は「野生量追跡」、「巻き上げた新しいクロニクル」、「1Q84」などのベストセラーでも有名である。

彼の「村上ラジオ」番組は、2018年8月に東京FMから始まりました。 日曜日の事前録画番組「Music in Murakami」で、彼はファンの要求に応じて曲を演奏しました。

READ  日本のvaxドライブは、オリンピックに時間に合わせられていますか?

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close