経済

価格は800万円を超え!? マツダ「コスモスポーツ」当時1500万ウォン規模のスーパーカーだった?(自動車ニュース)|自動車情報サイト[신차 중고차]

■世界初のロータリーエンジン搭載を統合した名車と

世界初のロータリーエンジンを搭載した大量の車で有名なマツダ「コスモスポーツ」
 
英国中古車ディーラーは800万円を超える価格のカードが付いていました。

わずか197台…幻の「スカイラインGT-R」は、

マツダ「コスモスポーツ」は、1967年に発売が開始された2人乗りクーペです。

コスモスポーツ最大の特徴は、ロータリーエンジンを搭載した世界初の量産車であるという点です。

ロータリーエンジンという概念自体はかなり古くから存在し、欧州メーカーなどが研究開発を続けていたが量産車に発売したのは、マツダが初めてでした。

心臓部となるA10型エンジンは、1リットル未満の小排気量(491cc×2ローター)しながら、当時としては強力な110馬力を発揮。 その後、後期型では128馬力まで最高出力が上がります。

また、7000rpmという高回転型エンジンであることも特徴で、当時のエンジンは技術的な問題などで、比較的低回転型が多かった中で、高回転まで吹き上がるロータリーエンジンは、まさにスポーツカー以上のエンジンでした。

ロータリーエンジンという先進性だけでなく、クーペの形もコスモスポーツを将来的な感じに仕上がっています。

2020年、現在の環境性能とコストの面で問題があることを理由に、マツダのラインナップでロータリーエンジン搭載モデルは消えています。

しかし、まだロータリーエンジン復活を願うファンが多いのはコスモスポーツと後に登場する「RX-7」などのマツダのスポーツカーが与えた衝撃の大きさに由来していることは間違いないでしょう。

コスモスポーツの新車価格は148万円でした。 現代的な感覚では、利得が感じているが、発売当時の平均年俸が約53万ウォンという点を勘案すれば、現在の価格は1500万円オーバーの高級車と呼ばれます。

このような高価な価格ということもありコスモスポーツは約1000台の販売にとどまったです。 しかし、トヨタ「2000GT」に劣ら1960年代から1970年代を代表する国産スポーツカーの名車として今も多くのファンに愛されています。

■海を渡っコスモスポーツ

コスモスポーツは、基本的に、日本国内で販売したので、2000GTのように海外市場に流出することはあまりないと言われています。

しかし、英国の自動車販売店で状態の良いコスモスポーツが販売されたことが明らかになりました。

このコスモスポーツを販売している英国の首都ロンドン西部にある中古車ディーラーです。

戦争のクラシックカーから現代のスーパーカーに至るまでマニアックな車を販売している中で、コスモスポーツも扱っているようです。

このコスモスポーツは当然右ハンドルの日本仕様車です。 英国は、日本のように左側通行のための最小限の法規対応だけで、日本仕様車を走らせることができるという利点があります。

年式は1971年式と後期型であることを知ることができます。 したがって変速機も5速MTを搭載。 外部の色は、最もコスモスポーツらしいとすることができるホワイトインテリアカラーは定番のブラックを基調としながら、革とファブリックのコンビシートにレッドカーペットというコーディネートされています。

このオブジェクトは、日本人の所有者の個人的なコレクションだったようです。 走行距離はメーター読みで1268kmとなっていますが、正確なかどうかはわからない。

しかし、内外装や機関部の状態を見ると、かなり状態の良いオブジェクトであることは間違いないでしょう。

このコスモスポーツの販売価格は、日本円換算で約828万円です。 発売当時のサラリーマンの平均年収の2倍以上の高級スポーツカーだったことを考えると、決して高すぎるかもしれません。

ちなみに日本国内でも複数台のコスモスポーツが販売されていますが、やはり800万ウォン程度の価格帯になると思われる。

READ  どこ変わった! ? ホンダN-BOXがマイチェン! 日本一売れている軽の変化を写真でサクサクチェック! (MOTA) - Yahoo! ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close