トップニュース

保健省エラーが原因で、毎日300人の日本到着が検疫規則に違反したと報告しました。



東京都千代田区には厚生労働省が中央庁舎が見えます。 (毎日/竹内君)

日本に到着してすぐ14日に隔離規定を破る “一日300人」の報告は保健省が関連の個人とのコミュニケーション手段を確認していないためであることが明らかになりました。

実際に大流行が隔離規定に違反したものと推定される日本の入国旅行者数は、一日に最大100人に大幅に低かった厚生労働省は、規定に違反したものと思われる人を発表した。 いくつかの場合には、誤りがありませんでした。

日本政府は、今年3月に東京と近隣神奈川、千葉、埼玉県の緊急事態が拡大され、国境でのウイルスの制御措置を強化することを決めました。 新しい条項では、すべて再入国市民再入国者が隔離期間中に、スマートフォンに位置追跡ソフトウェアをインストールする必要があります。 彼らの健康状態や位置を確認する毎日ビデオ通話システムも用意されています。

結果的に日本に到着するすべての外国人は、自宅や宿泊施設に14日間留まらなければならあり、スマートフォンに位置追跡およびビデオ通話アプリをインストールする必要があります。 公務員との契約を締結した後、彼らは毎日自分の素材とステータスを報告します。

保健省によると、到着者と意思疎通するために使用されたアプリは、スカイプとワッツアプリだった。 ーターゲットの個人は、いずれかを選択することができ、保健省の海外入国者の健康監視センター(HCO)との通話に協力するよう要請されます。

現在一日平均22,000人が到着した後、検疫期間の日程段階にあります。 保健省は5月中旬 “一日に300人余りが自分の位置を報告していないか、自分隔離エリアを去るなどの指示に協力していない」と述べた。

ルールを破ることは、事実上、契約違反であるため、政府は協力しない人々の名前を公開することができると警告します。 外国人の場合、在留資格取り消しや追放などの措置が取らことができる。

しかし、HCOが指定されたアプリではなく、他のアプリに分離された人々に電話をかけて連絡することができないことを確認した事例が数件あります。 これにより、センターは、その名前が「非準拠者」に公開されるという警告を誤ってエクスポートしました。

現在普及しているコロナウイルスの新しい亜種に対応するため、政府は5月10日から、インドを含む3カ国で到着した人々の椅子が隔離場所を訪問するように従業員を派遣するセキュリティ会社と契約することにより、国境措置をさらに強化しました。 深刻な流行と。 しかし、当局が帰国者と連絡がつかないし、セキュリティスタッフ利息が隔離場所を確認して、要求に応じて、自宅でそれらを見つける場合があった。 また、保健省は、ビデオチャットアプリがユーザーを自動的にログアウトさせることができるという事実を知らず、連絡失敗につながった。

その結果、5月中旬から、文部科学省は、ビデオチャットチェックインを新しい統合サービスであるMySOSに切り替えました。 変化と強化された措置により、規則に違反している人の数が一日100人に最高水準に落ちたします。 保健省の関係者は、「今まで、私たちは、海外では、サーバーを使用して、おり、個人データの保護の観点から、変更された」と言いました。

使用されているアプリを変更することにより、省は自己分離規則に違反する実際の人数に近づいたと思われます。 以前に引用された一日300人のルール違反者の数値をめぐる問題が国会でも提起されており、保健省が正式に数値を修正するように要求する可能性があります。

また、HCOが到着した人への健康診断メッセージの一部が受信されなかったと主張しがあり、文部科学省が調査中です。

(日本原作:Hidenori Yazawa、Lifestyle and Medical News Department)

READ  POLL-Japanは景気後退を避けるが、第2四半期の成長予測は急激に削減

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close