信州が新潟を24連覇に追いやりながら、パラスはまた無失点

1 min read

Kobe Parasは0-of-5を撃つが、3スチール、2リバウンド、1アシストで完全に不毛のラインを避け、長く苦しむ新潟のために

マニラ、フィリピン – 1月22日土曜日、Shinshu Brave Warriorsが76-64で24連覇を記録し、Niigata Albirex BBは日本のBリーグでもう一度運命を変えませんでした。

フィリピン – 日本のビッグマンMatt Aquinoは、彼のチームがシーズン中に11勝16敗の記録に向上し、ローテーションを新たに破ることに失敗しました。

一方、同僚Pinoy Kobe Parasは、0-of-5クリップで22分間の無得点を記録しながら、別の敗北で激しく闘争を続けたが、完全に不毛のラインを避けるために3スチール、2リバウンド、1アシストを記録しました。

1クォーター2分12秒で初めに16-4で得点したBrave Warriorsの攻撃は、最初からすべて勇敢な戦士であり、基本的には振り返らなかった。

新潟は2ピリオド半ば16-23で勝点7点に迫ったが、信州は3時22分30-16の格差を7-0に制圧し、再び疑いの余地を残した。

AlbirexはReo Maedaプロッタで最後のフレーム7分25秒を残し、17点リード(64-47)でBrave Warriorsが頂点に達した後、後半に針を全く動かすことができませんでした。

Maedaは25得点17のうち11シュート5アシストですべての得点をリードし、NBAチャンピオンセンターJeff Ayresは23マーカー12リバウンドダブルダブル5ダイム、スチールでもう一度敗北を記録した。 、そしてブロック。

再対決のために、ParasとNiigataはマニラ時間で1月23日日曜日の午後4時5分に熱気球の敗北で25分の1を避けるよう努めます。

スコア

Shinshu 76 – Maeda 25, Marshall 17, Kumagai 13, Hawkinson 5, Yang 5, Nishiyama 4, Mitsui 3, Kurihara 3, McHenry 1.

新潟64 – エアーズ23、アレン15、木村12、遠藤7、能美4、池田3、渡邊0、岡本0、大矢0、ネファウェ0、パラス0.

クォーター:16-7、31-23、56-43、76-64。

– Rappler.com

READ  伝染病の状況にかかわらず、オリンピック競技が行われます:東京2020会場
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours