スポーツ

信条氏球場が圧力」ムォヤイ」インタビュー全文 – プロ野球:日刊スポーツ

第4打席で左前適時打を放った前日本ハム新庄剛志外野手(48)のインタビュー全文は次の通りである

– お疲れ様でした。率直な感想を

「今回の無観客のテンションめっちゃ下落したが、ランナーいてくれて、またアドレナリンが出てボールも〜た。止まっているではないかという程度 “

– 再度考えると、昨年、インドネシアのジャングルの中で再びプロ入りを目指して

「いや両方をサポートのおかげバリで1年前にプロ野球選手になると言って、正直妥協?無理ではないかという時期はあった。しかし、すべての応援があって、今日この場に立てたのがなぜか打席で自分に感動している」

– 野球少年でした

「小学校の時空き地で野球しているような気分でした」

– 親子ほど年の差の選手たちとプレー

「すごくすべての良い人。初めて会うのだが、友人のように言ってくれたので、心が楽になった」

– 今日の制服1番の条件は、

「トレンディユニフォーム口じゃない感じをしたいなって腰組み込んちょっとパンツ大きかっただろうか」

– 背番号フォント

「1番ここの部分(下の横線を身振りで伝えながら)がなければ、日本ハム入っていなかった。今回はお願いしますとお願いしました。下の棒足場を作ってもらいたいと思います」

– 今日一日を振り返って

「もし球団に入ることができた場合素晴らしい教育コーチと機構が備わっているので、まだ上がる」

– まだ上がれば

「もちろん、球団に依存するか、脚の回転でもポンプアップを行うことができないだろうかと。でも見られた。とても見られた」

– 「ボールが止まって見える」というのは、神級の発言

「さっき、タイムリーを打ったとき追い込まもかまいません。落ち着い保持討手は前の2打席が退いたので、逆に落ち着いていこうという気持ちになる」

– グラウンド進入は自然でしたね。

「ここでは、ことが性能だろう。なぜなら、48歳だよ」

– 日本に帰国した後、複数の活動を。髪の色はダーク

「自分がしっかり姿を見せたいと思えば自然にこうなった。楽しい野球。打席に立った」野球しており」という気持ちがね。自分に勝つことだ。この1年次こう野球の練習したことがなかったから」

– それは言葉大丈夫ですか

「今までですね。現役時代はセンスが台無しあったから訓練しながら、肩やら足ラング親和き野球選手の気持ちが分かった。トレーナー室で治療を受けている選手を見たとき、「なぜトレーナー室に行くのか」と思った。私は見たことがないことトレーナー室に行く」

– 見たことがありません。しかし、影で誰より練習していることは知っているのですよ

(口人差し指で押す)

– 今になって、体を酷使することはそうなる新しい気づいてもいた。

「いや良かったですね。でも、今日申し訳ありませんのは、ヒット打った後、手を挙げてしまった。その投手に本当申し訳ない。何をしているとね」

– 野球場に入って緊張感は

「ちょっとあったんですね。緊張はないが、これまでの人生でない感じの球場に入った気がした。「なんだこれは」と、自分も知らなかった “

– お疲れ様でした

「ありがとうございます。楽しかった」

「合同募集続きを読む “

READ  原監督「まだ何 "千賀対策徹底もあと1個出ず - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close