entertainment

倖田來未全国アリーナツアー開幕「少しでもエンターテイメントの火を失うことなく、 “| BARKS

倖田來未が9月12日大阪城ホールで全国ツアーを開幕させた。

◆ライブ画像

デビュー20周年を記念して というタイトルのこのアリーナツアーは、東京・愛知・大阪・福岡の4都市の競技場で開かれる予定である。 同時にリアルタイムで配信ライブも開催する。

一連の公演の実施自体も不透明だったようだ」定められたルールでコンサートを続けて微力ことは知っていますが、少しでもエンターテイメントの火を失うことなく、私の歌を一人でも待っててくれた人がいる場合は、それさせてくれます。」とコーダ自分の強い情熱と心が開催バトンを接続した。

本編はデビュー曲「TAKE BACK」で開始します。 代表作「Butterfly」や「real Emotion」、9月4日にリリースされた最新の歌 “XXKK」とツアータイトル ストリート、倖田來未のデビューから現在までの20年間の軌跡を実装する性能が続く。

6月にリリースされた「puff」ではトレーニング機器と踊りを「Dance In The Rain」では壮大な滝のように降り注ぐ炎を利用した斬新ながらも派手な演出を実現。倖田來未というアーティストが「QUEEN OF LIVE」と称さなければなら圧巻のパフォーマンスを魅了した。

倖田は、自分がコロナ流行にレコーディングなどの音楽活動をしていない、音楽で遠ざけられた生活を送ってきたことを明らかにし、「私は音楽しかない」と音楽への愛情と情熱を再確認することができたことを述べた。 これプッシュ “困難が続く状況少しでも家庭で楽しめるように」と過去のLIVE映像とHow To Dance動画を転送すると、「家族の楽しみです!」「くみちゃんに支えられています! 」とファンの熱いメッセージも多く寄せられて「ファンの皆さんをサポートするように音楽を送りたい」と強く思って、今回のアリーナツアーの実施を決定した理由になったとファンに伝える。その目には、あふれる心に感極まって涙が流れる場面もあった。

今回会場は入場時に3ブロックに分けてセット立場を実施する事で、「密度」をチケットは、デジタルチケットすることにより、従業員との接触を避け、全員に体温と消毒を実施するなど、感染予防対策を徹底。

また、すでにチケットを販売している第3章では、収容人数は50%未満の集客に抑制場内は1石ずつの間隔を置いてた全席指定各桁にフェイスシールドも用意するなど、感染予防のために最大限の配慮が見られた。

初日公演後、本ツアーの関連プレイリストを各配信サービスに転送することも発表。 ライブに参加できる人もできない人も倖田來未のライブに賭ける熱い思いを、ぜひ感じてボシギウンどうだろう。

プレイリスト
https://avex.lnk.to/kkmyname

2020年9月12日(土)大阪大阪城ホール
2020年9月13日(日)大阪大阪城ホール
2020年10月4日(日)福岡マリンメッセ福岡
2020年10月10日(土)愛知、日本ガイシホール
2020年12月5日(土)東京国立代々木競技場第一体育館
2020年12月6日(日)東京国立代々木競技場第一体育館

◆倖田來未オフィシャルサイト

READ  就職活動生「裏アカ」、特定のサービス」の問題社員の採用をあらかじめ排除」をお激震:J-CASTトレンド[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close