理科

健康のために、一日に10,000報歩かなければならか。

より拡張された別の 昨年にほぼ5,000人の中年男性と女性を対象に研究 多様な人種の人々は、一日に10,000報長寿に必要なものではないという事実を発見した。 その研究では、一日に約8,000報歩く人々は、一日に4,000情報を積んだ人に比べて心臓病や他の原因で早死にする可能性が半分に達しました。 追加の手順の統計的利点は、ミミました。 つまり、人々が毎日の手順を10,000段階以上に積み重ねても害を及ぼさないんでした。 しかし、追加の手順は、幼い頃に死ぬことに対する追加の保護を提供していませんでした。

現実的に、私たちの誰もその10,000のステップの目標に到達します。 によると、 最近の推定、米国、カナダ、およびその他の西側諸国のほとんどの大人の平均 一日に5,000ボー未満

そして10,000歩の目標に到達すると、私たちの成果は、一時的な傾向があります。 よりたくさんの ベルギーのゲントの有名な研究、2005年、地域市民に万歩計を提供し、1年間、一日に少なくとも10,000報かけるよう奨励しました。 研究を終えた440人の男女のうち、約8%が終わるまで毎日の目標10,000情報を達成しました。 しかし、4年後のフォローアップ研究ではあまり多くの努力を傾けている人はほとんどいませんでした。 ほとんどは研究の開始時とほぼ同じ数の段階を経て、ベースラインに戻りました。

よいニュースは、私たちの現在の歩数をほとんどの日に追加で何千もの歩幅まで上げることが合理的であり、十分であり、達成可能な目標になることができるということです。 米国およびその他の政府が発表した公式の身体活動については、歩数ではなく時間を推奨事項として使用し、移動することに加えて、週に少なくとも150分、またはほとんどの場合、30分の間運動することを提案します。 日常生活の一部としてしてください。 歩数に換算すると、この博士は、総運動量がほとんどの人々に週に16,000報ちょうど、またはほとんどの場合、2,000〜3,000報ちょうどになると述べた。 (2天宝は約1マイルに相当します。)次に、多くの人のように、現在のショッピングや家事などの日常的な活動をしている間、一日に約5,000報歩くことなら2,000〜3,000報を追加すると、合計が博士は、ほとんどの日に7,000から8000ボーの間の歩幅が歩数を計算することができる最適の場所と言いました。

READ  迷子の超大質量ブラックホールを見つけよう! | sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close