トップニュース

債券市場の敗北で、日本の株式がクシャクシャ

日本の株式市場は、先週の金曜日、世界の債券金利が急騰し、市場の増えたバリュエーションについては、すでに不安、投資家を驚かせた後、ほぼ1年ぶりに最大の毎日の下落を記録し、金曜日に急落しました。

日経平均は3.99%下落した28,966.01でほぼ3週間ぶりに最低値を記録しました。 より広いTopixは3.21%下落した1,864.49を記録した。 両方の指数すべて昨年4月以来最大の下落幅を記録した。

東京証券取引所の33個の産業サブ指数はすべて赤字を記録し、電子機械メーカー、医薬品、不動産会社は3%以上下落しました。

30年ぶりに最高値を記録した市場の主要なリーダーの一つである半導体関連株価は、米国のチップ株価が5.8%下落した後、大量販売に屈しました。

Sumcoは5.59%下落した一方、Lasertecは5.33%下落しました。 Advantestは7.51%下落した一方、Screen Holdingsは6.53%下落しました。

インフレ上昇と弱い米国債のオークションの予防措置は、グローバル債券の利回りを高め、投資家のリスク資産への欲求を弱体化させた。

アナリストは、市場の急激な上昇が、現在のスライドにも寄与すると指摘しました。 Nishimura SecuritiesのチーフストラテジストであるSoichiro Monjiは「一言で言えば、株式市場があまりにも多くの上昇したと思います。

債券の利回り上昇は低収益の債券の代替として考えていた資産も打撃を負わせました。 TSEの不動産投資信託(REIT)指数は2.84%下落しました。

市場参加者は、これまで今月まで証券取引所取引ファンド(ETF)買い入れを自制した日本の銀行がこの日遅く買い取りするかどうかを待っている。

次の政策会議で、中央銀行は、ETFの購入をより柔軟にすること発表すると予想されます。 (佐野秀行、スタンレーホワイトジャーナリスト、Vinay Dwivedi編集)

READ  日本、Tepco、問題がある原子力発電所再稼働を禁止

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close