スポーツ

優勝まで一歩届かず、高校3年間の幕を下ろした動産の米須鈴音「最後までバスケットボールをすることができたことに感謝しています」 – バスケットカウント| Basket Count

「日本の2位になることができたことに誇りを持って、京都に行きたい」

ウィンターカップ男子決勝で動産は悲願の初優勝をかけて仙台大学付属の評判と対戦したが、70-72でわずか2点差で日本に来なく。 1年生の時からレギュラーとしてコートに立って、今年はキャプテンとしてチームを率いてきた米須領ウムヌン試合終了とコートに倒れた。

上昇は名声の地域の防衛を攻撃あぐね東山した米須が守備を引きつけ、味方のシュートチャンスを作っていく。 また、守備リバウンドをつかんでは、前を走る味方にロングパスを出すことで速攻で接続して、2クォーターを20-6で圧倒し40-26で前半を終えた。

米須も「前半は自分の良い速度で攻撃することができるところが多かった」と話したが、後半は名声プレス守備に圧倒されて、リズムを崩した。 「後半は、メディアの前から当たってくるのでは予想したが、思ったよりも守備の圧力が、自分たちが受動になってしまった。そこはとても大きく、評判氏が気にリードし部分がありました。本当にそこの部分だけを再生ではなく、精神の部分あったと思います”

また、評判は、同じ地域の防衛でも、時間に応じて1-1-3,3-2,2-3と、報道などの様々な保護方法で園の攻撃を阻止した。 福岡第一の準々決勝でも評判の領域は、効果的に働いていたため、動産も対策はしていたが、長身セット評判の領域は、予想以上にあった米須言う。

「名声氏は平均身長も高く、リッチも長く、常にことができるパスがなかなか通じないことが場面場面でした。 自分のターンオーバーもすごく多くて、自分のパスで流れを変えるチームのスタイルが、今回の試合ではなかなか出せず、本当にチームに迷惑をかけたと思います」

要ネスレイン

「今日はしっかりと楽しむチーム一体となって、最後までしろた」

残り5.3秒、2点ビハインドで迎えた最後のポゼッション。米須は評判で、厳格なマークを受けて、自らシュートを打つのではなく、残りの1秒堀陽まれボールを投入したが、堀のラストショットは名声ブロックで阻止された。 逆転ブザー可能性があった最後のシーンについて米須は「最後のは、実際に自分打ったかった」とこのように続けた。

「とても表示されていたので、自分が切断されているよりも、空きスペースに、私のシュートを打っさせようとしました。しかし、そこでも助けが来て、最後はブロック終わった本当にそこは仕方なかったと思います。その前の3クォーターと第4クォーターの報道に取り、よりしっかりしていれば、こんなことはありませんでしだろうと感じました」

1年生の時からレギュラーでプレイして目を引いた米須であるが、最初のウィンターカップ2回戦で2年生のときの準決勝で一緒に福岡第一に敗れた。 3年ぶりについに決勝の舞台まで進出したが、目標まで一歩届かず米須の園でのバスケットは幕を閉じた。

「ずっと1年生の時からレギュラーで出させてくれた方、しっかりとここ報酬をしようとし挑戦した最後の大会でした。準優勝という結果に、日本に一歩届かでしたが、準優勝に終わったら、ことは悪いこともなく、良いこともありませんが、確かに日本の2位することができたことに誇りを持って、京都に行きたいと思います」

また、今回の大会は新型コロナウイルスの影響で出場チーム120のうち7チームが出場辞退や途中棄権を余儀なくされた。 したがって米須は「高校最後までバスケットボールがされたことは本当にありがとうございます」と言う。

「今までの4試合をして決勝の舞台では、今回の大会に出ていないチームやコロナ流行に辞退したチームの皆さんのためにもしっかり楽しんでプレイしようとチーム言っていました。その点では、今日はしっかりと楽しむチーム一体となって、最後までしろたためよかった」

園での最後の試合は負けだたが、この試合でも米須は15得点、10リバウンド、10アシストのトリプルダブルを記録し、見る人を魅了した。 下級生の時から大きな期待を背負いながらプレーだけでなく、人間としても成長を遂げた米須の新たな舞台での活躍を期待したい。

READ  F1:その場事故のリプレイ映像を流すまでの過程を説明/ F1バーレーンGP[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close