理科

優秀な人は、「純粋よく観察」が犯人は「期待したもの」だけ見ようとしない|感覚を磨く|ダイヤモンドオンライン

写真:Adobe Stock

これからのビジネスマンに必要とされる能力に注目を浴びている「知覚」──。 その力を高めるための「科学的理論」と「具体的な教育方法」を説明する画期的な一冊が出版された。 メトロポリタン美術館、ボストン美術館で活躍してイェール・ハーバード大学で学んだ神田フサさんの新刊「感覚を磨く──会話を観察するように世界を見る技法」である。発売から1週間を待たずに、大きな再版を決定するなど、大きな反響を呼んでいるで一部を抜粋・編集して紹介する。

私たちの目は、「検索モード」にとらわれている

今、人間の目は、知らず知らずの中に見えなくなっています。 「目に見えないようになっている」といっても、視力が低下しているという話がありません。

見る方法に問題があるせいで、観察の力が低下しているということです。

さらに、これは、特定の集団だけでなく、世界中のほとんどの人々の間で起こっている。

後ろの原因の中でも最も大きいのはマルチタスクと技術の影響でしょう。 基本的にルーティングされたことや生活スタイルが続いて先入観が強化されると、人間の注意力が低下新しい変化を見落とすことは簡単です。

これらの知覚ブラインド(またはビジュアルの事項ブラインド)はマルチタスクによって発生します。

研究によると、2つ以上のものを遜色なく処理することができる脳を持っているが、残念ながら2.5%の人しかありません*。

「車を運転する」と「スマートフォンを使用して」という単純な2つの行為を重ねだけ重大な事故につながる前方不注意が起こるのはそのためです。

* Medeiros-Ward、Nathan、Watson JasonとStrayer、David、「On Supertaskers and the Neural Basis of Efficient Multitasking、「Psychonomic Bulletin&Review、22(3)(2014)。

また、技術に関して言えば、大半の人を巻き込むことがPCやスマートフォンの「検索」という行為です。 あふれる情報の中で、「事前自分に必要だと知っている情報」だけを迅速に理解する行為は、私たちの日常になっています。

その結果、私たちの目は、「探し物を拾い読みしている」または「何かを期待している」時間が圧倒的に長くなっています。

デバイスの画面を覗き見ているときには、常に何かを探しながら、目を酷使してそれ以外の場合は蔓延しているだけ──そんな人が結構多いのではないでしょうか。

つまり、私たちは「純粋に見栄え」という行為をしないことです。

 現代人の目は、「マルチタスクに心を奪われて、元の目に見えない」「何かを探して/楽しみにして見ている」「なんだかぼんやり見ている」という3つのモードに支配されています。

いくつかの先入観も持たず、目の前の物事・出来事をありのまま理解する「観察」が入る余地がありません。

したがって、 “見える”が当たり前されて健常者とは対照的に、いくつかの理由で目が見えない人が多く鋭い認識を持つ場合も出てきます。

たとえば、3歳までの先天性/後天性盲目の発症した人は、視覚情報の欠落を補うために、脳全体でダイナミックな神経回路の変形が起こり、聴覚・味覚・触覚など他の感覚器官の機能だけでなく、記憶と言語処理などの認知機能も高まると知っています*。

つまり、視覚に基づいて、健常者の方がよく、世界が見えないという逆説的な状況が発生します。

* Bauer、Corinna、et。 al。、 “マルチモーダルMR-Imagingは深い早期失明の大規模な構造と機能の接続の変化を示しています。」PLoS ONE 12(3)(2017)。

READ  90%の人が知らない「自分にはトラウマがある」という人が犯す致命的な誤解| 独学大戦| ダイヤモンドオンライン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close