元イングランド、U11イングランド対日本親善試合を開催

1 min read

2023年3月11日

YONEX All England Open期間中、Utilita Arenaで開催される特別なU11親善試合で、イギリス最高の年齢層の選手が日本と対戦します。

3月19日日曜日、バーミンガムでHayley AdcockとRobert Goldingが監督を務めるチームと共に、10人の川チームが衝突のために発表されました。

イングランドスクワッドは、Junchen Lin、Arjun Bhattiprolu、Etienne Fan、Gerry Ou、Nok Yi Chui、Mutiara Mandala、Michelle Chen、Jennifer Haで構成されています。

Olaf KwiecienとVeronika Kodagiも予備軍に出場し、プレーヤーが病気やけがをすることが必要な場合はコートに出ます。

日曜ヨネックスオールイングランドオープンでエリート決勝戦が行われる前に男子シングルス2個、女子シングルス2個、男子ダブルス1個など計6試合が行われます。

このイベントはYONEXレガシープログラムの一環として開催され、イギリスと日本からの最高のシャトルリングシンドンがスポーツの巨匠のようなコートで試合を繰り広げることができます。

バドミントンイングランドのU15/13リードディスカバリーイングランドコーチのAdcockは、選ばれたイングランド選手が彼らに与えられた途方もない機会を活用することを願っています。

彼女は、「私たちのU11イングランドチームは、世界で最も権威のあるトーナメントであるYONEX All Englandの本拠地で試合する一生一日の機会を提供することにとても誇りを持っています。

「ジュニア選手がこのほどの競技場で世界最高の選手やコーチに囲まれて遊ぶ機会を得ることは非常にまれです。

「彼らが日本のチームと競争することは幻想的であり、この機会が英国と日本の次世代バドミントン選手にインスピレーションを与えることを願っています。

READ  コロナ感染のトランプ入院...「慎重だから」数日間病院で執務継続 - 読売新聞
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours