元スター遊撃手の葉田弘和がサムライジャパンの監督に任命されました。

Estimated read time 1 min read

NPBエンタープライズは水曜日、リーグ最高遊撃数で5回も選ばれたイバタヒロカズが2024年プレミア12トーナメントを通じて日本シニア男子野球国家代表チーム監督として起用されたと発表しました。

イバタはジュニチドラゴンズの攻撃と守備の基礎であり、セントラルリーグのゴールデングローブ7を獲得した後、最後の2シーズンを読売ジャイアンツで過ごし、後にコーチを務めました。

48歳の彼は東京オリンピック金メダルを獲得した日本サムライジャパンチームのコーチでもありますが、彼の唯一の監督経験は12歳以下代表チームを指導したのです。

茨田は記者会見で「私はこの大きなことを引き受ける資格がないが、この仕事に私が持っているすべてを注ぎ、日本野球に対する私の借金を返済するために全力を尽くして奉仕する」と話した。

彼は去る3月ワールドベースボールクラシック(WBC)優勝を占めた後去る5月契約終了で辞任した栗山秀樹の後任だ。 代表チームの選抜者たちはまだイバタに2026年次のWBCで日本監督を任せていないことを指摘します。

イバタの初出場は11月16日から東京ドームで行われるアジアプロ野球選手権大会だ。

READ  Gilas Pilipinasの少年チームは、FIBA U16アジアチャンピオンシップでクウェートと日本との対決を繰り広げます。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours