元ハスカー京成トミナが、2024年パリオリンピック日本代表として出場

1 min read

Wilson Moore World-Heraldの従業員作家

京成智長が正式に日本国家代表チームオリンピック名簿に名を連ねました。 彼は7月27日、日本がフルプレイでドイツと対戦するパリオリンピックに出場する予定です。

1年前、トミナガはFIBAワールドカップでオリンピックに進出したTeam Japanのメンバーでした。 彼は1試合あたり平均11.4ポイントを記録し、3ポイントの範囲で38%を撃った。 日本はトーナメントで3勝2敗を記録しました。

彼は2020年の東京大会で日本の3X3チームのために競争しました。 日本は、フルプレイ後の最初のノックアウトラウンドでラトビアに敗れた。

トミナガは2021-22シーズン前にレンジャーカレッジで編入し、ネブラスカで3年を過ごしました。 シニアとして彼は競技当たり平均15.1点を記録し、3点シュート成功率は37.6%で、オール・ビッグテン2群に名前を上げた。

オリンピックの後、トミナガはインディアナ・フェイサスでプロのキャリアを始める予定です。 彼は金曜日にExhibit 10契約に同意し、少なくともトレーニングキャンプまでチームに残ります。

人々はまた読んでいます…

トミナガは、今後のオリンピックで正式にオリンピックのリストに参加した2番目の元ハスカーバスケットボール選手です。 ジャック・マクベイはオーストラリアを代表します。 ラト・マージェンは南部と一緒にキャンプにあり、3番目になることができます。

READ  Pascal Dion、カナダの男性ショートトラックリレー金メダル、1,000mで銀メダル
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours