Economy

元パチンコホール店長」はいけない店&モデル」を暴露… 1パチは、損害が?

たまったパチンコ玉( “ウィキペディア“より)

コロナ災害の営業自粛が大きく響き、2020年4月の売上高は、前年同月比61.8%減、5月は同77.5%減少したパチンコ業界。 6月には、少し狩り31.3%減少したが、依然として厳しい状況は変わらない。

そんな中、パチンコ・パチスロファンはどのように勝つのか。 一度首都圏のパチンコホールで店長を務めたKさんに乱闘点を聞いた。

狙うするホールと機種は

「ホールの売上高は、昨年7月から前年同月比減少をしており、今年6月までの12カ月連続のマイナス。このようなホールが売上総利益重視辛い調整可能な状況で勝とうと思って間違いです。しっかりとした乱闘で敗北金額を減らし長いスパン結果的に勝つことができればいいというの保護の姿勢が重要です」(Kさん)

このような時こそ、ホール選択や機種選択で本格的な立ち回りを徹底的にしなければならないというK氏は、「ヒットした場合新台のみ。しかも、可動良いお店。その一択します」と力説する。

ここで言う「操作良い店」と「新台の操作が良い店」ではなく「準おられる理科「海物語」シリーズを含む全体的な稼働率が高い店」を指す。 新台以外が低い稼働店は新台の売上高と利益の店を返しているので、新台さえかなりの回数モードに切り替えていない可能性がなく、ユーザーは七メリットがないのだ。

「もちろんおられるなら何でもいいではありません。お店が大切使用する「アラン」「北斗の拳」などのビッグコンテンツと上位メーカーの代価目的のものです。 しかし、全国の台稼動・売上総利益の平均値を維持することは新台導入から約8-9週間と言われており、不人気台5週間以内に低下します。 評判が高いのでさえも転がる可能性があることを考えると、導入後約1ヶ月が勝負です」(この)

はスペック面ではどこに注目すればよいのだろうか。

「段階的突入率・継続率がすべて60%の基準モデルと海の話シリーズをお勧めします。時速3万発とも呼ばれている「大工の源さん韋駄天」は、厳しいスペックだが、最初の当時の60.2%からRUSHに突入するので、 “アリ “ですね」(この)

最初の当時の段階突入率が1%の「エウレカセブンHI-EVOLUTION」のような労働時間短縮突破型は推薦しないこと。

「経仕様の場合は、ユーザー個人の遊び場時間は確率と維持率を収束するのに不足のために避けてください。毎月軍資金が少ない人や有時間が短い人ほど一攫千金を狙って、多くのチャンスを得ることができる穏やかなスペックを打つます」(この)

「1パチ」は敗北な?

パチンコ業界は、09年の売上高27.6兆ウォン、売上総利益4.27兆ウォンだったのが18年には売上高20.7兆ウォン、売上総利益3.38兆ウォンまで減少した。 しかし、過去10年間の収益率をみると、15%以上を維持しているどころか、最近では16〜17%で微増している。

油の人口とあたりの容量が年々減るために、ホール経金利は横ばい。 つまり、ユーザー1人当たりの投資と支持金額が年々増加している状況である。 そんな中、負けやすい有機形でKさんは「1パチ」を挙げた。

READ  ★今日の[강추 결산]LIFULL、DCM、ウィルG(9月18日) - 週乗車

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close