世界

元マレーシア首相Najib Razakにとって、刑務所は厳しいでしょう:Anwar Ibrahim

マレーシアの野党指導者であるアンワール・イブラヒム(Anwar Ibrahim)は、マレーシアが長年にわたって全国を揺るがしたスキャンダルから「閉鎖」を探し始め、刑務所が出るラザック元マレーシア首相の7つ星ホテルのライフスタイルと劇的な対照を成すと述べた。

マレーシア国家ファンド1MDBで数十億ドルを横領した疑いで起訴されたナジブは、月曜日の懲役刑に対する控訴で敗訴した。

マレーシア最高裁判所は火曜日、マレーシア首都クアラルンプールの南にあるカジャン刑務所で始まった12年刑を確定した。

「私はこれが良いスタートだと思います。これは強力な制度を備えた活気に満ちた民主主義でマレーシアを改革し成熟させます」とAnwarはCNBCに語った。スカークボックスアジア「火曜日に。

「政治指導者たち、何も考えずに腐敗し続ける政治エリートたち [sic] 彼らは無敵であり、法の上にあると思います。 [but] 今、メッセージは非常に明白です。」と彼は言った。 [the people]誰が決めたので続けなければなりません。」

rortは詐欺や不正な行為や計画を表します。

ナジップ・ラザック元首相が2022年8月15日、プトラジャヤ連邦裁判所に到着している。 マレーシア最高裁判所は火曜日、マレーシア首都クアラルンプール南のカジャン刑務所で始まった12年刑を確定した。

モードラスパン| アプリ| ゲッティイメージ

彼はマレーシア人に「腐敗できない」ことに投票するよう促しました。 指導者が次に投票所に行くとき。 マレーシアは2023年9月までに選挙を実施しなければなりません。

Najibは、詐欺の主帽であると疑われるマレーシアの実業家Jho LowおよびGoldman Sachs銀行家と共に、世界最大の独裁事件として知られるこのスキャンダルの中心にいました。

約7億ドルがNajibの口座に振り込まれたことが知られており、1MDBの損失は40億ドルを超えるという。 ナジブは引き続きすべての誤りを否定しています。

アンワールは様々な政治的議論の中心にいた。。 彼は1990年代に副首相を過ごし、藍色と腐敗の疑いで投獄される前に、当時首相マハチル・モハマドによって論議されている解任されました。

彼の有罪判決は裏返され、2004年に釈放されました。 彼は2014年に藍色に再び刑務所に収監され、2018年に王室の斜面を受けて釈放されました。

Anwarは、Najibが本や家族訪問を拒否された1990年代よりも、刑務所でより良い条件を持つと述べました。

彼はCNBCとのインタビューで、「私の長年の同僚、刑務所から私が理解したところによると、彼はより良い治療を受け、いくつかの便宜施設を受けるだろう」と述べた。

それと共に「まだ刑務所はバラの花のベッドではない。特に彼の現在の生活様式と7つ星ホテル生活に比べれば大変で大変なことを経験することになるだろう」と話した。

Najibと彼の妻Rosmah Mansorは、1MDBを犠牲にして贅沢な生活を送ったという疑いを受けました。 裁判所の公聴会では、彼らは高価なホテルや宝石に数千ドルを費やしたと述べた。

Anwarは、以前に失敗した試みに言及しながら、さらなるレビューを通じて、彼の兄弟に異議を申し立てようとするNajibのすべての試みは難しいと述べた。

Najibはまた、マレーシアの王の斜面を試すことができますが、1MDBスキャンダルの膨大な財政状況を考慮すると、難しい道になる可能性があるとAnwarは付け加えました。

アンワールは、この事件で、実業家ロウやナジップの妻ローズマなどの他の人が正義に直面する必要があるかどうかを尋ねる質問に、公共財布から盗んだ資金を回収することを含め、これらのスキャンダルで正義を追求することが重要だと述べました。

2018年、マレーシア警察は1MDB調査の一環としてナジブとロスマの家を襲撃し、高級ハンドバッグが入っていた284個の箱と宝石、現金、時計、その他の貴重品を含む72個のバッグを回収しました。

Anwarはまた、Najibが支持を得たり、次の選挙結果に影響を与える可能性が低いと述べた。

これまで月曜日の法廷に見られるように、彼を支持した人々は主に自分が属する地域区出身だったとAnwarは言いました。

READ  「家族の平和調達」ケイトミドルトン、ウィリアムとハリーの破裂を鎮圧

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close