エンターテインメント

元卓球スター福原愛、北日本市に「国境のない」卓球台寄贈

青森 – 元卓球スター福原子が11月4日青森市庁舎を訪問し、車椅子ユーザーや幼児などの障害のある人も見ることができるように工夫した「枠なし」の卓球台を市に寄贈しました。 スポーツを楽しむことができます。

2012年ロンドンオリンピックと2016年リオデジャネイロオリンピックで2連覇を達成した青森山田高校の同門である福原(33)は「子供から高齢者まで卓球を楽しみながら一緒にやってほしい」と話した。 彼らの顔に笑顔を作るためにこのテーブルを使います。」

福原は彼女の母親が足が弱く、腰が弱く、数年前に車椅子を使い始めた後、国境のない卓球台のアイデアを思い出しました。 障害にかかわらず様々な人が卓球を楽しむことを望む彼女は、昨年夏に東京オリンピックと障害者オリンピックの公式卓球台を製造する千葉県に本社を置くSan-Ei Corp.にデザインをもたらしました。 そして一緒に作りました。



この写真は、2021年11月4日、青森市役所で福原子が寄贈した「枠のない」卓球台を示しています。 (Mainichi/Kazuhiko Toyama)

Fukuharaによると、車椅子のユーザーは通常の卓球台の高さが高すぎてボールを打つのが難しく、テーブルの端が怪我の危険があります。 新しいテーブルは通常のテーブルより9cm低く、テーブルトップは最長直径180cm、最短直径90cmの楕円形です。 また、ネットは透明です。

福原氏は「卓球は3大家族が一緒に楽しめるスポーツだが、車いす利用者と障害者がしにくいスポーツだ。果たして国境のない卓球台はどんな姿か気になった」と説明した。

小野寺明彦青森市長は市役所で福原から寄付金に対する手紙を受け取った後、「多くの区民が楽しんでいただきたい」と答えた。 市は市民体育館内の幼児室に卓球台を設置し、両親と子供の交流に活用する計画だと述べた。

(Japanese original by Kazuhiko Toyama, Aomori Bureau)

READ  ファンの間でオリンピックピンコレクター100日余り離れたオリンピックで許可されていません。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close