元日本の攻撃者が田田里が引退する

1 min read

元日本とサウサンプトンのフォワード・タダナリ・リーがシーズンを最後に引退すると、アルビレックス新潟シンガポール(Albirex Niigata Singapore)が木曜日に発表した。

37歳の選手は、2011年アジアカップ決勝戦でオーストラリアとの試合でサムライブルーがドーハで延長戦の末に1-0で勝利したとき、日本の決勝バリシュートを成功させました。

イ・スンヨプは2004年FC東京に入団し、とげとレイソル、サンプレッチェ広島で活躍した後、2012年1月サウサンプトンに入団した後、イングランド2部チャンピオンシップに出場した。

彼はセインツの昇格後、プレミアリーグに一度も出場できず、2014年に日本に戻り、浦和レズ、横浜Fマリノス、京都商店街でプレーして昨年シンガポールに出発した。

李承燁はJリーグ1部リーグ301試合で71ゴールを決め、日本では11試合で2ゴールを決めた。

彼は声明で「いつも人々の支持を受けて本当に素敵なサッカーのキャリアを送ることができた」と話した。

READ  日本、海外旅行を活性化
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours