エンターテインメント

元東京オリンピック役員が大会後援者から2億3000万円を受けたと消息筋が伝えた。

東京オリンピック組織委員会の前執行委員だった高橋春之氏は、2017年に日本の衣類メーカーの青木ホールディングスから公式のコンサルティング費用とは別に2億3000万円を受けたと賄賂事件に精通した消息筋が土曜日に語った。

青木創業者の青木ひろのりの要請で、基金の一部は以後、日本スポーツ協会2カ所に寄付され、残りは高橋が受けたと消息筋が伝えた。 資金は、高橋が以前に役員として働いていた広告会社Dentsu Inc.の全部門を通じて提供されたと述べた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  Kirkby Lonsdaleホッケースター、イングランドとコモンウェルズゲームの金メダルを獲得

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close