World

元JALの「ジャンボ」の世界を救う “消防英雄」に大変身、その珍しいキャリアと(乗ってもニュース) – gooニュース

JALのボーイング747-400機、JA8086(写真:Aero Icarus[CCBY-SA[CCBY-SA

(乗ってもニュース)

日本の航空業界を席巻した「ジャンボ」ことボーイング747.この退役後の運命は異なります。 ところが、その中でも、世界の「火の問題」を解決するヒーローに変身した珍しいものもありました。 その経験は、どんなだろうか?

1991年から19年JALに在籍したB747-400 “JA8086”

かつて日本の航空業界を席巻した「ジャンボジェット」ことボーイング747. JAL(日本航空)は、2011年(平成23)年にANA(全日本空輸)は2014(平成26)年にそれぞれ退役いわゆる「ジャンボの時代」が対米を飾りました。

これらの航空会社で退役した「ジャンボ」は、今も貨物機でも、世界の空を現役で飛行することで、解体されたもの、あるいは映画のセットで派手に切断されたこと……などなど様々です。 その中でもしたときに大きな変身を遂げた「ジャンボ」があります。

JAL 1991(1991)年から2010(平成22)年までに使用された747-400機械のJA8086は退役後、米国の航空機リース、販売する業者に引き取られています。 2012(平成24)年に国に本社を置いていたエバーグリーン航空というところ席を移したそこ貨物型に改造されます。

ところがこのエバーグリーン航空、米国航空会社の中でも、ユニークな飛行する会社。 ここでは、元JA8086(当時ギボンはN492EV)は大変身を成すされることです。

貨物機されたJA8086の「ヒーロー」に大変身の顛末

エバーグリーン航空は、2000年代半ば頃から保有している「ジャンボ」を改造、山火事などの大型火災時の上空で消火剤などを散布する公衆消化器系 “スーパータンカー」を運航する事業を開始します。ところが、2013年に同社は倒産当時普通の貨物機であった元JALのボーイング747-400機元JA8086も2015年までに順番がない状態でした。

その国のグローバルスーパータンカー・サービシズという会社が起きエバーグリーン航空の公衆消化器系の事業を行います。 このとき、新しい次世代の公衆消化器系に選ばれたのが、元JA8086です。 2016年「The Spirit of John Muir(スピリット・オブ・ジョン・ミューア)」(ギボン:N744ST)で、元のJA8086は、全世界を股にかける世界最大の公衆消化器系でデビューします。

この「スピリット・オブ・ジョン・ミューア」に搭載することができる水と消火薬剤は、約7万3000Lこれらの普及も30分にすることができるとします。もちろん、ジェット旅客機の「ジャンボ」がベースなので、全世界に20時間以内に、消防活動を始めることができると言います。

デビュー後、「スピリット・オブ・ジョン・ミューア「イスラエル、チリ、ボリビアとなどでも消化を担当しており、最近では9月に米国カリフォルニア州山火事進化に対応するなど、2020年に入っても世界の森「火の問題」を保存英雄として活躍してています。

動画で見る、元JALの「ジャンボ」JA8086の今

READ  今後、米国の大統領選挙パックン予想と解説 - 社会:日刊スポーツ

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close