トップニュース

元JGSDF所長 – 外交官

サイバー空間は、陸地、海、空、宇宙に続き、「五番目の戦場」という言葉が古くからありました。 その重要性は増え続けています。

ロシアのウクライナ侵攻の場合、偽のニュースが新しい弾丸となり、インターネットを漂って歴史的に類例のない規模の「デジタル戦争」を起こしている。 各自のスマートフォン画面が主要戦場の一つになった。 広範な情報戦争を押し付けて世論を操作する「認知戦」が行われている。 この「認知領域」は今「第6の戦場」と呼ばれます。

しかし、日本のサイバーセキュリティ強化努力は、西欧の主要国だけでなく、中国、北朝鮮、ロシアなどの同様の努力にもしばしば劣っているようだ。 例えば、日本の自衛隊は2022年3月、既存のサイバー関連部隊である地上自衛隊、航空自衛隊、海上自衛隊を統合してサイバー防衛司令部を新設したが、司令部の人員は540人に過ぎない。

サイバー攻撃が深刻化するにつれて、政府と日本企業はどのようなセキュリティ対策を講じるべきでしょうか?

外交官は最近、日本陸上自衛隊信号学校の元司令官であり、現在東京にある富士通システム統合研究所の国家安保研究所の研究責任者である田中達弘所長と共に座った。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 1ヶ月に5ドルを支払うだけです。

Tanakaは、垂直に分割された省庁と機関の有害な影響を排除し、全国的に統合されたサイバー防衛システムを構築するために「サイバー省」を設立する必要があることを強調しました。

日本の軍事能力は依然として戦後憲法によって大きく制限されており、サイバー空間からどこまで守るかについての議論が続いています。 しかし、緊急事態(台湾の偶発状況など)が発生すると、日本がサイバー攻撃の標的になる危険があります。 Tanakaが指摘したように、サイバー防御システムが強化されていないと、電気や通信などの主要なインフラストラクチャが簡単に機能しなくなる可能性があります。 サイバー省を新設しようとする彼の提案は注目に値する。

インタビューは日本語で行われ、英語に翻訳されました。

現在ウクライナ戦争の中で「サイバースペース」と「認知戦」の重要性が再び認識された。 状況についてどう思いますか?

最も重要なのは、情報化時代が到来してデジタル化が進んでいることです。 まず、デジタル化によって変わったことを知る必要があります。

まず、顔は顔で、手は手で物理的に認識できますが、デジタル化してデバイスに配置すると、すべて1と0で表示されます。 赤 – 緑 – 青の三原色を使用して、すべての色を人工的に処理できます。

つまり、私たちが現実世界で見るものと、デジタルで生成された仮想または仮想のイメージと同じではありません。 その中に「認知」がある。 どのように認識し、何を信じるかが重要です。

第二に、情報化時代がデジタル化とともに進化するにつれて、すべての活動はインターネット空間に依存しています。 サイバーインフラストラクチャが崩壊すると、すべての活動が中断されます。 私たちはサイバーインフラストラクチャとそれをサポートする電力を守る必要があります。 これら二つの点はウクライナ戦争で明らかになった。

企業を標的とするサイバー攻撃の数はあちこち増加しています。 サイバーセキュリティ対策を推進する上での日本企業の最大の課題は何ですか?

経営をはじめとする企業人の意識変化をどのように促進するかという問題がある。 過去には、サイバーセキュリティの強化とそれに伴うコストのバランスをとる方法がアイデアでした。 ただし、サイバーセキュリティがビジネス活動のコストと見なされる場合、コストを下げるためにセキュリティが軽減される可能性があります。 会社のネットワークインフラストラクチャが損傷した場合は、活動を実行できません。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 1ヶ月に5ドルを支払うだけです。

特に、ある期間の間に事故が発生しなかった後、サイバーセキュリティへの支出を減らしたいと思うかもしれません。 しかし、サイバーセキュリティが生み出す付加価値があると考える方が良いでしょう。 事故がゼロの場合、企業価値は高くなります。 したがって、サイバーセキュリティへの支出は実際にはコストではなく投資です。

日本にはすでにデジタルエージェンシーがありますが、全国的にサイバーインフラを保護し強化するためにサイバー省の設立を提唱してきました。 なぜそんなことですか?

情報化時代の到来とインターネットが私たちにもたらしたことを考えると、社会の水平構造があります。 そして、すべての活動はその水平構造に依存します。 これは私たちの惑星で起こっている大きな変化です。

しかし、行政機関と一般社会活動は依然として古い価値と規律、固有の感性に従うしかない。 彼らは自分の位置に固執しようとします。 しかし、水平方向の協力を強化し、より速く仕事を処理することで、より多くの相乗効果を生み出すことができます。 今のように簡単に高付加価値を生み出すことはできません。

インフラストラクチャをより強力にする方法についてもっと深刻に考える必要があります。 その意味では、強力なサイバーセキュリティインフラが必要です。 そして、情報空間はビッグデータをはじめとする様々な情報でいっぱいなので、全国の情報を見ることができます。 これには、冒頭で述べた実像と仮想のイメージを扱うための努力と情報展対応も含まれる。

これは、デジタル・エージェンシーではなくサイバー省庁でしかできません。 他の省庁と対等な組織にしてサイバーインフラを強化しなければならない。 理想的には、現在の社会構造を考えると、サイバー省が最上位にあり、他の部門がつながるはずです。

官房長官に位置する国家サイバーセキュリティ戦略センター(NISC)は、サイバー防御のための指揮本部ではなく、状況対応のための調整基盤組織だ。 代わりに、危機管理のための堅牢なインフラストラクチャを維持する組織が必要です。 サイバー攻撃でどこかに電力網が壊れたり、サービスプロバイダが破産したときに必要なのは、調整ではなく、必要な措置を取ることができる命令と制御です。 私たちは大きな権威と責任を持つ大きな働きを立てることを目指しています。

自衛隊はサイバー防衛司令部を置いているが、サイバー攻撃から国防部と自衛隊のシステムを保護することを目的とする。 国全体のサイバーインフラを守るだけでは十分ではないでしょうか?

この問題は現在解決中です。 日本は法と規制の国なので、その使命は法で定義されなければなりません。 自衛隊以外の任務をどのようにするかを国会で徹底的に議論し、法の中で自衛隊に任務を割り当てなければなりません。 法律は勝手に拡張することはできません。

日本政府はサイバーセキュリティ戦略を策定し、タイムリーなコストを課し、悪意のあるサイバー攻撃を抑制する政策を提案した。 サイバー報復は全国的に大きな議論になるから除外される。

これに対する対応策として、サイバー報復は相手に攻撃コストを認知させ、敵が攻撃する価値がないと判断するようにします。

アメリカはすでにサイバー空間で自慰行事を明確に示した。 例えば、米国は、サイバー攻撃によって原子力発電所が破壊された場合、国家は物理的な報復を躊躇しないと述べた。 日本では議論は終わりませんでした。 我々は経済制裁を適用する可能性を注視しています。 全体的に回復弾力性を高めることが抑止力として作用するという概念があります。

また防衛事業指針には、緊急時自衛隊が日本に対する攻撃のために相手のサイバー空間の利用を妨げる能力を含め、サイバー防衛能力を根本的に強化すると述べられている。 現在どんな特定の能力を持つかについての議論がある。

READ  日本の楽しさを感じることができる温泉たまご料理

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close