スポーツ

兄が率いる4部クラブに黄金旧式三浦和吉が合流した。

日本プロサッカーで現役最高令選手(54歳)の三浦和吉(Miura Kazuyoshi)が降格圏の横浜FCで賃貸で鈴鹿ポイントゲッターズ(Suzuka Point Getters)に移籍したと両球団が火曜日明らかにした。

選手生活37年目の三浦は、兄の三浦安藤監督が率いる日本サッカー4部リーグに入団する。

元日本ストライカーは声明で「ここで遊ぶ機会に感謝し、チームがスタジアムで勝利できるよう最善を尽くすだろう」と話した。

「キングカズ」というニックネームを持った三浦が来月なら55歳になる。

日本中部三重県に基づいた鈴鹿は昨シーズンリーグ4位を記録し、Jリーグ進出を狙っている。 2021年にフォンチに続き、横浜FCは今後のシーズンのために第2部リーグであるJ2に降格した4チームのうちの1つでした。

長年の伝統に基づいて、ミウラの移籍は1月11日午前11時11分に発表されました。

三浦は2005年横浜FCに入団し、しばらく年齢記録を立てました。 2021年3月に彼は54歳12日の年齢で日本の1部リーグに足を踏み入れた最高令選手として自身の記録を書き直しましたが、リーグ出場時間はたった1分に過ぎませんでした。

彼は先月横浜から再契約の提案を受けたが、もっと長く走りたいと言いながら60歳になるまでずっと走りたいと付け加えた。

日本の国家代表として89回出場した静岡県出身の彼は、10代にブラジルでプロデビューを行い、イタリア、クロアチア、オーストラリアといくつかの日本チームを含む長いキャリアを始めました。

1990年に日本にデビューした彼は、1998年の日本国家代表チームで89試合に出場して55ゴールを決めたにもかかわらず、1998年初ワールドカップ決勝戦で国家代表チームから除外されたことで有名です。

鈴鹿は、2019年にスペインのミラ・マルティネス(Mila Martinez)で女性監督を任命するために、全国大会で日本の男性クラブになった最初のクラブになり、ヘッドラインを飾りました。

マルティネス・フィハで、鈴鹿は2021年皇帝カップ2ラウンドに進出したが、J1スーパークラブであるヴィッセル神戸に敗れた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  ピエールオクラホマ "本当にレースを楽しむことができた」/アルファ乗ったちホンダF1ポルトガルGPファイナル[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close